銀英伝ヤン・ウェンリーの不器用な性格と旧作声優の富山敬さんが好き

  • LINEで送る

前回の投稿「金原瑞人さんおススメ!ナルニア国物語新訳がくれた幸せ」で、「私はアニメが好きだった」と書きました。

え?なになに、作品は?と思われた方、好きな作品は沢山ありますが、中でも田中芳樹さん原作の「銀河英雄伝説」は大好きです!

ヤン・ウェンリーの不器用な性格と旧作の声優さん、富山敬さんの声が大好物なんですよ~

「銀河英雄伝説」は、wikipediaによると

累計発行部数が1500万部を超えるベストセラー小説である。

1982年から2009年6月までに複数の版で刊行され、発行部数を伸ばし続けている」

そうです。すごいですよねー。

もちろん原作も読みました!が、アニメで見る銀英伝には、また違う楽しみがあります。

2018年4月から、最初のアニメ化からはイメージを一新して、新しい作品になって帰ってきてくれましたね!!

TOKYO MXで毎週木曜22:30からの放送を録画して、週末に見るのが本当に楽しみで(*^^*)

前回のアニメとの違いや原作との違いに心の中でいちいち細かなツッコミを入れながら見るという、

マニアックな楽しみ方を満喫しています。

どのキャラクターもそれぞれ魅力的なのですが、誰が何と言おうとわたしの一番は、ヤン・ウェンリー。

どうして彼のどこが好きなのかよく考えてみると、幸せになれる秘密を見つけてしまったような?!

今日は私の趣味の世界にお付き合いください。

 

ヤン・ウェンリーって何者?

彼は、銀河英雄伝説の二人の主役のうちの一人です。

※名無しの読者様からコメントをいただきました。原作の田中芳樹先生は「ラインハルトが主役。ヤンが準主役」とおっしゃっているそうです。知らなかった~!ありがとうございます💛

銀河英雄伝説は「銀河帝国」と「自由惑星同盟」という、二国間の戦争を通じて二人の生きた時代を描いています。

ヤンは自由惑星同盟軍、もう一人の主役ラインハルトは銀河帝国軍の軍人です。

まずはキャラクターのビジュアルからご覧に入れましょう。

最初のアニメ化の時(CV:富山敬)

今回のアニメ化(CV:鈴村健一)

ご覧いただければわかりますが、見た目はけっこう地味です。。

今回は、声も若返ってさわやかなイケメンになりましたけども(笑)

もう一人の主役、ラインハルト・フォン・ローエングラムが金髪碧眼の美少年であるのとは対照的な、

ありふれた容貌の何人かわからない中年男性ですよね。設定では一応30歳だったはずです。

※年齢については読者の方からご指摘をいただきwikipediaで調べてみました。

正確には、物語に登場した時点では29歳でした。お詫びして訂正いたします。

名無しの読者様、ありがとうございました!

ラインハルトが自ら幼年学校に入学し軍人としての栄達を志したのとは対照的に、ヤンは無料で歴史の勉強ができるからと士官学校に入学。

二人とも生涯の伴侶には恵まれますが、女性にはモテないのが唯一の共通点です(笑)

 

ヤン・ウェンリーの不器用さが、いいんです♡

最初にアニメ化され、放映されていた時(ちょうど大学生でした)は、この作品の存在さえ知りませんでした。

いとこが「とにかくこのアニメは面白いから見た方がいい」とやけに勧めるので、

まあ途中からだけど一回だけでもと見てみたんです。

最初に見たエピソードは、確かラインハルトが帝国軍の中でのし上がっていくお話でした。

腹黒い大人に囲まれつつも、その何でもソツなくこなす天才ぶりを遺憾なく発揮して、

有無を言わさず昇進の階段を駆け上っていく姿はいっそ清々しい感じさえありました。いいぞいいぞ。痛快痛快。

対して次に見たヤンのエピソードは、主役の一人とは思えない地味さだし、

なかなか活躍させてもらえないしボヤきが多くて、扱いまで日陰者?あれれれー?っと

最初がっかりしたんですが、戦闘指揮では抜群の切れ味を見せます。うわー!

そのギャップに、見事はまってしまいました。。見た目は冴えないのに、かっこいい!(失礼)

それに、声が富山敬さんだ!!(※新しいシリーズでは、鈴村健一さんです。若さと元気さが、かなり増しました)

富山敬さんといえば、宇宙戦艦ヤマトの古代進役が有名ですけれど、私の中ではヤンも相当なはまり役だったと思っています。

あのボヤキ。。余人にはマネできないリアリティです。いいなぁ。大好きだなぁ。また見たくなっちゃうなぁ。

ご本人のやさしさ、あったかさがもう隠しようもなくにじみ出ているというか。

アフレコ現場ではいつもタバコをふかしている寡黙な方だった、と何かで読んだことがあります。

ヤンも本当に生きていればタバコは苦手そうだけど同じように寡黙に歴史書を読みふけってるんじゃないかと(笑)

何だかイメージが重なるんですよね。

おっとっと。

ヤンのどういうところが好きなのか、でしたね。

歴史、特に戦史には異様に詳しくて、戦闘の采配に他を寄せ付けない才能を見せるけれど、それ以外のことは全然できない、という不器用さが、たまらないんですよ~

ただの歴史オタクじゃん、と言われればその通り。

でも、何か夢中になれるもの、これだけは他人に負けない、というものを持っている人って素敵ですよね。

好きなものを夢中になって語る人の目の輝きには、思わず見入ってしまいます。

ヤンも、髪はボサボサで部屋は汚いしお酒飲んですぐ酔っぱらうし寝坊はするし、

暇さえあれば歴史の資料ばかりあさってるし、

好きな女性に告白する勇気もなかなか出せないしで、

家にこんな人がいたらもう色々邪魔な人なんじゃないだろうか、って思うんですよ。

家の外でも、権力者の前でうまく立ち回るなんて面倒だし媚びるのが嫌いだから、

出世するのと同時にどんどん嫌われてもいく。困った人です。

困った人なんですけど、世界中探しても、ヤンにしかできないことがあるわけです。

そしてそれを期待された時に、普段の姿とは別人のようになって、きちんとやってのける

その不器用でギャップの大きいところが、私にとってたまらなく魅力的なんです。

皆さんにもぜひその魅力を知っていただきたいですねー。

↓こちらは新シリーズの1枚目。画像が、美しい!特に艦隊戦の映像には、全然メカにときめかない私でもうっとり。

設定も、今の時代に合わせたリアリティがちゃんとあります。

↓こちらは旧シリーズ。全部で何十枚出てるんだろう。。

セル画の時代ですので、画像のクオリティはいまいちな部分があります。何せ、四半世紀以上前ですから。

富山敬さん:ヤン・ウェンリー、堀川りょうさん(ベジータやコナンの服部平次で有名ですね):ラインハルトの配役は、私は今の組み合わせより好き。音楽が全編クラシックの楽曲で、それも当時斬新でした。

 
↓ちょっと下にあるのが、原作です!!ぜひぜひお手に取ってみてください。

買わなくても図書館には絶対あると思いますから、一度読んでいただきたいです。

第1巻の最初の数十ページは、キャラが出てこず、歴史解説みたいになっていますので、パラパラめくってやり過ごしましょう。

読み始めは登場人物の多さと名前の難しさにくじけそうになりますが、すぐに慣れます。

第一巻を読み終えたあなたは、すぐ続きを読みたくてたまらなくなるはず。

だからおススメは、全巻買いです。間違いないです。

星野之宣さんのイラストが美しい表紙もすてき。

 

 

不器用さが魅力、であるならば。そこに幸せになれる秘密があるのかも

ヤンの不器用さが好きでたまらないなら、不器用な人には魅力がある、ってことにならないかな?

自分の子供やつれあい、他の家族、それに自分自身や友達、職場の同僚だって、

不器用でも何か、ここはすごいよね!っていう部分があればいいんじゃないか?

そういう想いが、ふと舞い降りてきたんですよね。

「あんまり、子供に色々期待するなよ」ってつれあいが私に時々言うんです。

これまでは、自分の願望を押し付けるなよ、という意味に捉えていたんですが、もしかすると、「何もかも全部きちんとできていなくても、いいじゃないか」と言われていたのかもしれません。

自分のことを考えてみてもそうです。

いい母親、良き妻、デキる社会人、素敵な友人、そんなもの完璧に全部やりきれるわけ、ありません。

全部はできないけれど、「ここは」というところで、頑張ってみる

そこに、幸せになれる秘密があると思うんです。

頑張れるとしたらどういう時かと言うと「この人のためにしてあげたい」「これをするのが好き・楽しい」「これをやってみたい」そういう気持ちが自分の中にある時ではないでしょうか。

「この人のためにしてあげたい」「これをするのが好き・楽しい」「これをやってみたい」と思って何かをする、幸せってそういう時にこそ感じるものかも。。。

だから、なのですね。

いつも好きなことをしていれば、好きだからやりたくなる。

いつも楽しいことが待っていると思えば、明日が楽しみになる。

この人と一緒にいたいと思う人がそばにいれば、その人を喜ばせたくなる。

いわゆる「すごい人」というのは、自分の周囲をそういうモノや人で満たしている人達のことなのではないかと思います。

だから、いつも好きなことについて考え、楽しいからどんどん行動して、人とも沢山つながって、ますます結果をだしていく。

それは、いつも幸せに生きている、ということと同じです。

「稼ぎたければ付き合う人を変えなさい」とか「好きなことを仕事にしよう」「人とのご縁を大切に」等の言葉を色々な媒体でよく目にします。

つまりは、本当に自分が好きなこと、やりたいこと、一緒にいたい人について、

自分が真剣に考え、行動してそれらすべてを選び取ってきたのかと、問われているのだと思います。

日々、自分が感じていることに素直に向き合って、

毎日の行動の一つ一つをきちんと選ぶことが、自分の幸せを作ることにつながっているのかもしれないなと、

自分がヤン・ウェンリーに魅かれる理由を考えてみて、改めて思うんです。

そういう毎日を繰り返していくと、ヤンのように不器用でも、何か好きなことがあってキラキラする人でいられるはずです。

だれもがそれを実現できたら、お互いのキラキラを認め合い、お互いの幸せを喜べるはずですよね。

自分の周囲の人がみんな、そういう気持ちで毎日を過ごしていたら、誰かを殺そうとか、いじめようとか、そんな気持ちにはならないんじゃないでしょうか。

むしろ、自分のように幸せになってほしいと、助け合えるんじゃないでしょうか。

きれいごとかもしれませんが、そう思えてなりません。

よろしければ、銀河英雄伝説つながりでこちらの記事もどうぞ→ワーママは疲れるから銀河英雄伝説読んで嫌な家事辞めてハッピーでいよう♡

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメント

  1. 名無しの読者さん より:

    本当に原作読んでます?
    ヤンは20代であることにものすごくこだわってますから
    30歳だったはずなんてうろ覚えの知識で言ったら怒られますよ。
    それと銀英伝の主役はあくまでラインハルトであると作者は公言してます。
    彼の登場で始まり彼の死で終わる物語であり、
    ヤンは準主役のライバルキャラであるとね

    1. ヨッコ より:

      名無しの読者さん、コメントありがとうございます。しかもきちんと記事を読んでくださってのご指摘、嬉しいです。

      20年以上前に読んだうろ覚えの記憶で書いてしまったことは、素直に反省します。wikipediaで調べてみましたが、物語に登場した時点では29歳だったようです。ご指摘の通り作中で30歳になるのを嫌がっていたことを勘違いして、30歳から登場したと記憶してました。

      「銀英伝の主役はあくまでラインハルトであると作者は公言してます。」とのご指摘、ありがとうございます。原作者の田中先生がそうおっしゃっていたことは、記憶にありませんでした。ありがとうございます。

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください