一瞬で自己肯定感が上がるからビーンズ文庫がやめられない夜

  • LINEで送る

さわやかに目覚めたyokkoです♪

実は、木曜日の夜、睡眠3時間だったんですよ。

それで金曜日は仕事に行って、寝不足のはずがテンション高めで楽しくお仕事して乗り切ることができましたー。わはは。

なぜ私には珍しく夜更かしをしてしまったか、というと。

上の子が読んでいたラノベを読み始めたら止まらず、10巻あるうち、一晩で6巻目の途中まで読んじゃいましたー!!

アホでしょ。

キュンキュンし続けたくて、やめられなくなっちゃったんです。

私には時々こういうことがありますが、これは自己肯定感だけじゃなく、自己重要感をアップさせたい気持ちの表れじゃないかと思うんですよね。

今日はそこを考えてみたいと思います。

 

ビーンズ文庫は侮れません。

今回は娘の机の上にラノベが積んであったので、まあちょっと寝る前に読んでみようかと手を出したんです。

毎日下の子に読み聞かせをして、そのあと少しビジネス書を読んでから寝るんですが、たまにはラノベもいいかな、ぐらいの軽~い気持ちだったんですけどね。

そこからまさか、5時間ノンストップで読み続けることになってしまうとは。。

ビーンズ文庫は侮れません

ハマってしまった作品はこちら。

「無理ですって! だって私は女ですよっ」貧乏貴族の里桜のもとに、名門貴族・白虎家の当主が訪ねてくる。突然跡継ぎだと言われ、里桜は病弱な姉の薬と引き替えに、「男」として帝候補の男性たちと生活することに!?

まあ、よくあるといえばよくある、男装女子がイケメンに囲まれ皆に惚れられてドキドキしつつもまじめに一生懸命努力して仕事でも認められ意中のイケメンとハッピーエンド(多分。何せ、6巻の途中までしか読んでないもので)になる話です。

主人公が誰とくっつくかもわかってます(笑)

でも、その過程を主人公になった気分で楽しみたいんです。

さあさあ次はどうやってキュンキュンさせてくれるんですか、ええ、先生!!

という気分でどんどん読み進めて、やべぇもう午前二時とりあえず寝なきゃと寝て、なぜか朝五時前に目が覚めてまた読んで、朝も娘を送り出したあとちょっと読んで、よし、残りは今夜と思っていそいそと帰宅したら、、うぉお本がない!!

「ああ。今日図書館いってきたー」

なにいっ!

残念至極(涙)。。。

ソッコーで図書館の本を予約しました。

続きを読みたいのは、どう考えてもキュンキュンしたいからです。

じゃあ自分にとってキュンキュンがどうしてこんなに大事なんでしょうか?

 

自分は誰かの大切な人間だと確認したい、のかな

白桜四神 伏魔殿の紅一点! (角川ビーンズ文庫)

で始まる一連の物語(6巻まで)では、主人公の白桜に青丞、鵬玄、朱呪、想月の4人の男性が思いを寄せ、それぞれ愛を告白します。

彼らが自分の気持ちを白桜に伝える時の言葉やしぐさにもっともっとキュンキュンしたくて、どんどん読みたくなっちゃうんですよね。

告白って、よく考えるとすごいこと。

とにかく全力で、心の底から相手をほめるわけです。

君は本当にかわいらしい。

がんばっている姿がすてきだ。

お前の言葉が俺の心に響いた。

あなたが持っている聡明さに魅かれる。

あの時見せてくれた思いやりが忘れられない。

こんな風に真剣に、心を込めて相手をほめるって、照れくさくてなかなかできないと思います(私だけでしょうかー)。

それを、自分に対して、何度も、一生懸命してくれる。

さらにその後に「だからあなたのことが好きだ。自分と一緒にいてほしい。」とまで言われるんですよ(うおー。すごすぎる)!

その言葉から受け取れるものって、何でしょう。

多分、人によって受け取るものって違うと思うんですけど。。

私は「いつでもどこでも何があっても全力であなたを肯定し大切にし続けることをここに誓います!」っていう宣言として、告白の言葉を受け取っているのかもしれない、と思います。

重たいヤツ(笑)

でも、これは本当の気持ちです。

ということは、私はもっともっと自分を肯定され、大事な存在だと認めてほしいという願望があるんですね。

認められたい。もっとあたしのことすごいって言って!!

褒められたい。ガンガンほめてほめてほめまくってほしいのよぉ~まだまだ、たりないのよぉ~

私が一番大事だって言って。言って言って言ってちょうだい。どんどん言ってちょうだい。

実はそう思っているのかもしれません。

普段は、自分が受け取っている言葉で、充分周囲の人から認められてると思ってるんですよ。

でも実は心の底では、満足してないのかも。。と今回思ったんです。

「足りない!足りないわ!!なくなっちゃう!!!」と感じると、キュンキュンしたいが大爆発するのではないかと。

 

自己肯定感と自己重要感

最近参加したコミュニケーションスキルのセミナーで知った言葉に「自己重要感」があります。

「自己肯定感」は知っていたんですけど、「自己重要感」は初めて聞く言葉でした。

セミナーでの説明によると、何と自己重要感は、人間の三大欲求、食欲・性欲・睡眠欲よりも強い欲求なのだとか。

自分は価値のある存在である、他の人より優れている、尊敬されたい、というような欲求のことですね。

SNS上にきらびやかな生活をアピールする画像を投稿したくて無理をしてしまう人たちは、「自己重要感」をもっともっと感じたい!が暴走気味の人たちなのかな、と思いながら聞いていました。

私は、SNSに自分の生活をさらす勇気がありません。

私めのつまらぬ生活などご覧いただかなくても、もっとかっこよくてすてきな情報がたくさん掲載されてますから~

私の生活は、友達からみても特にすてきだとか思われることじゃなかろう、とか思っちゃいます(別にすてきじゃなくても、友達に知ってほしければ載せればいいんですけど、すてきじゃないといけない気がして。思い込みですよね。。)。

友達の投稿を見ると、楽しいです。

ですが、私にはできないな、みんな自己肯定感、あるからできるんだよね~ちょっとうらやましい☆と思ってしまいます(うわぁネガティブー。)。

さらにその中で注目を集めたい!!という意欲は「自分は沢山の人の大切な存在でありたい」という、さらに次元が上の欲求を満たしたい気持ちの表れかな、すごい意欲だなぁ、と思ったんです。

そうは言いつつも、実は私にも自己重要感を満たしたい欲求はあるらしいんですよね。

それがキュンキュンを求める方向に走っているんじゃないかと思うんです。

現実の世界でその欲求を満たす行動を起こせないから、二次元の世界にそれを求める方向で。。

キュンキュンさせられる主人公は、イケメンたちからそれはそれは大切にされて、愛を沢山受け取ります。

君が好きだ。(クラッ 自己肯定感↑)

お前は俺にとって他の何よりも大切だ。(ドキドキ 自己重要感↑↑)

そう言われ続けるわけです。

これって、自己肯定感はペットボトルロケット並みに急上昇、自己重要感は宇宙に飛び出しそうな勢いです(個人的見解です、念のため)。

これを読んでいたい、もっともっと読みたい!!と言う気持ちが止まらなくなる自分は、たくさんそういう言葉が欲しいんだと思います。

 

自己重要感アップのためにできることは?

本当はつれあいからそういう言葉を聞きたいのかな?

とも考えましたが、つれあいでなくても、いいような。

恋愛や家族関係に関する自己重要感だけが満たされればいいわけではない感じです。

もっとずっと広い範囲、生きていくことに関わる全てで、自分を肯定してくれる「あなたのままでOK」だけでなく、「あなただから価値がある」という言葉が欲しい

それが、自分の本音だと思います。

だから、仕事をがんばりたい。

もっといい母親になりたい。

精神的にも経済的にも自立したい。

そういう気持ちから行動する時は、自己重要感を求めているのだな、と改めて思いました。

こちらの記事に詳しく書きましたが→自分の長所がわからない人こそ試すべき3つの行動

そもそも「自分のままでOK」という自己肯定感をアップさせるためでさえ、自分をほめましょうと言われても、私には難しい。。

じゃあどうしたら、自己肯定感アップ(あなたのままで、いいんです)→さらに自己重要感満足(あなただから、価値があるんです)という方程式が解けるのでしょうか。

とにかく、自分がやりたいこと、やると決めたことをちゃんとやる、という極めてシンプルな方法しかないのではないかと思うんです。

やると決めたことができた→やればできる子YDK(ちょっぴり自信がつく)

また次のことをやる→もう一回やればできる子YDK(もう一回ちょっぴり自信がつく)

これを毎日毎日小さなこと、色んなことで繰り返して、ひたすら地味ですが自信を0.1ミリずつか1ミリずつか、積み重ねる。

そのうちに、誰かがほめてくれたら、その言葉を照れたりせずに100%受け取って自分のものにする。

↑そうそう、ここ、実は重要だと思うんです。

なかなか素直に受け取れなかったりするんですよ、ほめ言葉を。

でもほめ言葉こそ、自分の価値を認めてもらえた証拠ですよね。

自分が求めていることそのものなわけです。

だから正面から、「がっちりいただきます!!」って感じで受け取ろうと思います。

そしてたまには、キュンキュンしたい!を大爆発させて二次元からも自己重要感アップエネルギーを取り込む、と。

こんな感じじゃあないでしょうか。

ちなみに、昨日図書館で10巻まで借りることができて、シリーズを最後まで読み切りました!

読み切った感想としては、↓2巻が一番面白かったなー。

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください