小1からでは遅い!実体験から学ぶ【子どもの性教育】最新の状況

  • LINEで送る

この前、次女の通う小学校の副校長先生から電話がありました。

「実は同じクラスの男の子の親御さんから学校に連絡がありまして、yokko次女さんにパンツを脱がされたことがきっかけでお子さんが学校に行きたくないと言っている、ということだったんです。

関係していた子供たちを呼んで話を聞いたんですが・・・」

という出だしにすでにノックアウト状態で声も出ないyokkoでした。。

昨日あさイチでも【どうする?子どもへの“性教育”】というタイトルで最新状況の特集が組まれていましたが、小1になってからじゃ遅いんだな、と反省中です。

さてさてどんなことが起きたのでしょうか。

女子が男子のパンツを脱がせたのは、本当でした。ただし・・・

 

今は7月ですので、毎週2回、プールの授業があります。

1年生の着替えの時間に、その事件は起きたそうです。

Aくんの親御さんの最初の連絡では

「息子はyokko次女にパンツを下ろされた。非常に傷ついて、学校に行きたくないと言っている。」と、かなりお怒りのご様子だったそう。

早速関係者が会議室に召集され、事情聴取を受けたのですが、もちろんその中にうちの次女もいたという訳です。

そこで女の子たちが語ったことは。。

クラスの男の子で今回の当事者とは別の子が、パンツ一枚でお尻を半分だしてクレヨンしんちゃんのようにふざけていました。

今回の当事者の男の子Aくんも同じように半分お尻を出した状態で、Bちゃん、次女、Cちゃんの近くにいました。

Aくんが「パンツ脱がせていいよ」と言ったので、Bちゃんが「え?いいの?」と聞きました。

Aくんが「いいよ」と言ったので、Bちゃんは「ほんとにいいの?」と聞きました。

もう一度「いいよ」と言われたので、BちゃんはAくんのパンツを脱がせました

次女とCちゃんは、一部始終をBちゃんの傍らで見ていました。

おしまいです。

担任の先生はその時教室にいたのかいなかったのか定かでなく、いたかもしれないが全然気づかなかったそう。

他の子供たちも、パンツを半分下ろしてふざけている男子もいたくらいですし、特に問題とは思わなかったようですね。

ところが、帰宅したAくんは「yokko次女にパンツを脱がされた」と訴えたと、こういうことなんですねー。

自分に非がある時、子供はつい近くにいた人のせいにしたりする

A君はBちゃんにパンツを下ろされた、と言いたくなかったんでしょうね~

それで、ちょっと言いやすいyokko次女のせいにしたんでしょう。

子どもには、時折あることです。

自分にも非があるとわかっているとき、子供は近くにいた子に責任を転嫁してしまうことがあります。

長女の時も、幼稚園の先生からこんな話を聞きました。

ある園児のお母さんから、yokko長女に前髪を切られたという訴えがあったそうです。

長女の話を聞くと、その園児はお道具箱を広げていた長女のハサミを勝手に借り、蓋を受け皿にして自分で前髪を切ったといいます。

そして帰宅すると親御さんに「長女に前髪を切られた」と訴えたんですね~。

うそついてごめんなさい、と謝ってもらいおしまいになったということです。

この件があってから、自分の子供であっても100%話を信じて感情的になってはいけないな、と思うようになりました。

子どもが真実と思いたいことと、客観的事実が違うことは大いにありえる、といういい教訓ですから。

 

お互いにごめんなさい

パンツを下ろしてしまったBちゃんは「パンツを下ろしてごめんなさい」とAくんに謝りました。

そばで見ていたCちゃんは「だめだよって言えなくてごめんなさい」、次女も少々違う言葉だったようですが、謝ったそうです(動揺しすぎて思い出せないです)。

そしてAくんも「違うこと言ってごめんなさい」と謝ったといいます。

副校長先生は「1年生なのにみんなしっかりした言葉で謝ることができて、感心して見ていたんですよ。これで解決しましたので、安心してくださいね。」とおっしゃったのですが、親としてはモヤモヤしますー。

数日たってたまたまBちゃんのお母さんと会った時にこの話題になったのですが、BちゃんママはA君ママと面識はなかったものの、LINEなどをたどって謝罪の連絡をしたのだそうです。

わたしはAくんママと面識もあり、連絡先も確かにLINEを見ればわかりますが、特に連絡はしませんでした。

今度懇談会で一緒になった時にでも、一言お詫びを伝えてその後の様子を聞いてみようかな、という感じです。

 

本当に教えなくてはいけないこと=自分の体を大切にして、相手の体も大切にするということ

学校での指導は、お互いに自分の行動について謝って終わりになりました。

でも、本当に教えなくてはいけないのは、自分の体を大切にして、相手の体も大切にするということではないかな~と思ったんです。

今の自分の体がどうなっているかを知る。

そして、自分の体を大切にするのがどういうことかを知る。

相手の体がどうなっているかを知る。

そして、相手の体を大切にするのがどういうことかを知る。

どちらも、我が家ではきちんと教育できていないことなんですよね。。

どうしたもんかなぁ、夏休みで時間があるし、一緒に本を読んだりして勉強するチャンスだよなぁとわかってはいるんですが、どうにも気が進まない課題だなぁーと思ってました。

それがたまたま昨日「あさイチ」で【どうする?子どもへの“性教育”】という特集が組まれていて、食いついて見てしまいましたね。

長女が中学生なので、そちらに関しても気になる話題満載だったんですが、とにかく次女に今教えなくてはいけないことのヒントが何かないだろうか、と必死で見てました。

特集では、思春期の子供を持つ親向けの内容が半分と、未就学児や小学校低学年の親向けの内容が半分、といった感じでしたね。

特に、助産師さんが行う性教育講座の内容が紹介されていたのが興味深く、男の子の性器の洗い方まで腕を使った実演を交えて細かく説明している様子が映し出されていました。

そこまで説明しちゃうんだー!と驚きましたが、それも性器を清潔に保ち、感染症のリスクを減らすためと聞くと、なるほどなぁーと納得。

その講座に参加したお母さんが、講座のあと子どもたちに「大好きだよ」と一生懸命語りかけている姿が印象に残りましたね。

また、後半では性器の名前や子供が生まれるメカニズムまで正確な名称でそのまま伝える絵本を5歳の子供と一緒に読んでいるお母さんが画面に映っていました。

私には衝撃的でしたが、以前から「子どもが性について先入観を持つ前にできるだけ正確な情報を伝えた方がよい」と言う考え方があるのは知っていたので、やっぱりそうなのかな~と思いつつ見ていました。

一番印象に残ったのは、子供に一生懸命語りかけていたお母さんでしたね。

「ぎこちないですよね」と笑っておられましたが、それにチャレンジする姿がとても尊く感じられて、すごいなぁーと感心したんです。

私は自分の子供に「生まれてきてくれて、嬉しかったよ」という気持ちをちゃんと伝えられてないんじゃないかな、って。

まず自分がお父さんお母さんにとって大切な存在だ、と思えて初めて「自分を大切にしよう!」と思えるんじゃないでしょうか。

自分を大切に扱えない子は、相手を大切にすることもできないと思います。

娘たちには、いわば土台になる「わたしはお母さんお父さんのすっごく大事なものなんだから」っていう部分がしっかりできてないんじゃないかと、心配になってきました。

改めてそれを伝えるのって、今の私には相当勇気がいることですが、あのテレビの中のお母さんのように、今やらないとだめかも。。

そのうえで本人や相手の体がどうなっているかを伝え、どうやって子供が生まれてきたかを伝えるということですね。

そこで番組でちらりと紹介されていた本をネタにして、その助けを借りてみようと思ってます。

↓もう一冊、これは我が家の近所でも不審者情報があるので、その対策として親子で読むつもりです。
 
男の子も女の子も、そしてもちろん大人の男女も、まずは家族からお互いの体と心を尊重しながら過ごせるといいですよね~
 
今回も最後まで読んでくださって、ありがとうございます!
 
  • LINEで送る

LINE@で最新情報をお届けします

LINE@に新規ご登録の方には

「本当にやりたいこと」がわかる10の質問をプレゼント中❤

 

友だち追加

 

@hrf3563g でID検索か

QRコードからも登録できます♡


LINE@友達追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください