嫌われそうで怖い?もっと自分を出してラク~に生きる方法ありますよ

  • LINEで送る

もっと自分らしさを前面に出してみたいな~って思うことないですか?

でも、急にいつもと違う服を着たり違う話をして

怖がられたり嫌われたりしたらどうしよう?

と思うとなかなか勇気が出なかったりしますよね。

今日は、私が考える「もっと自分を出して楽に生きる方法」をお伝えします。

突然ですがあなたは、自分を大切にしていますか?

私は、自分を大切にするってどういうことか、ごく最近までよくわかってませんでした

人生計画書を作ることは、自分を大切にすることとも深くふかぁーくつながっています。

ワガママとは違う「自分を大切にする」ことがどう人生と関わってくるのか

そしてそのことが実は「もっと自分を出して楽に生きる方法」になっていくのか

今日はそこをぜひお伝えしたいです。

 

ワガママに生きるのではなく、自分を大切にして生きるために

自分を大切にして生きる、というと

自分のやりたいことはやりたいやりたい!と大声で言って

時には人に迷惑をかけながらも己の道を突き進むことだろうから、

結局はワガママと同じなんじゃないの?と思ってる方も多いと思います。

 

それはちょっと、違うんです。

 

自分を大切にすること=自分のココロの声を忠実に聞くこと、です。

 

ココロの声に耳を傾けたからといって、それをすべて実行に移すかどうかは、また別の問題です。

要するにまずは自分自身と対話しよう、ってことですね。

自分を大切にしないで生きていると、どんな将来が待っているか。。

体験した私だからこそお伝えできることがありますので、ぜひ最後までお付き合いください。

 

ワガママと自分を大切にすることの違いを知る

例えば友達3人で海外旅行に行きたいね、という話になったとします。

Aさんは、以前から考えていた通り「ああーリゾートに行きたい。砂浜でのんびりしたいな~。」と言いました。

Bさんは、外国のかわいい雑貨屋めぐりとか街歩きで楽しみたい、と思いつつ

「そうなんだ、リゾートがいいんだね。Cはどう?」と聞きました。

Cさんは、行先で揉めるのは面倒だからAに便乗しよう、

と思って「そりゃリゾートでしょ~。絶対3人でビーチに行かなきゃだめだよ!」と言いました。

Bさんは、二人の希望を聞いて「じゃあビーチの近くで雑貨屋巡りとか街歩きも楽しめる場所にしない?」と言いました。

 

さて、この話のなかの「自分を大切にしてる人」と「ワガママな人」は誰でしょう?

 

「自分を大切にしてる人」:AとB

 

「ワガママな人」:C

 

なんです。

 

 

AとBが「自分を大切にしてる人」である理由

二人とも、まずは自分がどうしたいのかを、自分のココロで確かめています。

Bはそれを口にするタイミングが遅かったですが、AとBは自分のココロの声を忠実に聞いています。

聞いた後、そのココロの声の通りに行動するかどうかは、また別の問題なのです。

まず自分のココロの声を聴いて、それをきちんと受け止めることが大事。

そのうえで自分のココロの声はどの程度満たされたい声なのかを考え

相手のためにここは譲ろう、と思うのであれば、それでOKです。

自分が満たされ、相手も満たされます。

 

「ワガママな人」がCである理由

Cは、友達に合わせただけで、別にワガママじゃなくない?と思うかもしれませんね。

Cが行先の希望をリゾートにした理由は「行先で揉めるのは面倒だから」でした。

「揉め事がおきないようにしたい」Cは、「リゾートでしょ~。絶対3人でビーチに行かなきゃだめだよ!」とBがAとCに反対しにくくなるような働きかけをします。

 

ワガママ=自分の思い通りになるよう他人に強要することです。

 

だから、Cはワガママな人だと言いました。

どうでしょう、こういわれるとチクッと胸の痛みを覚えた方がいるのではないでしょうか。

子どもに対する自分の声かけを振り返ると反省材料ばかりのヨッコですので、その気持ちは実はよくわかります。。

 

Cであることを選んで、ココロの声が聞こえない人になってませんか?

そして皆さんお気づきかもしれませんが、Cだけが、本当はどういう場所に行きたいのか、自分自身のココロの声を聴いていません。

つまり、自分がどこに行けば本当に満たされるのか、知ろうとしていないし、知らないということです。

それどころか、自分自身のココロの声には耳を傾ける価値がない、と自らの行動で示しているようなものですね。

これが毎日毎日繰り返されると、どうなるでしょうか。

 

自分のココロの声には耳を傾ける価値がない

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ココロの声なんて聴く必要ない

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ココロの声の存在を意識しなくなる

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

ますますココロの声が聞こえなくなる

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

自分が何をしたいのか、わからなくなる

 

こうなっちゃうんですよ。

まさにヨッコは、こうなっちゃったんです。

それに気が付いたとき「あ、こういうことか。。」と思いましたね。

 

 

自分を大切にして生きるために何をすればいいのかを知る

自分の目先の利益だけを考えてワガママであることを選んでしまうと

面倒だからとりあえずー

とか

今だけはこれでいいや

なんてことを

ずっとココロにささやき続けることになります。

そのうちに、本当のココロの声が聞こえなくなってきます。

私はそうやって、とりあえずの専業主婦生活を15年も続けてしまいました。

あなたも、すでに同じ罠にはまってるかもしれないですよ^^大丈夫ですか?

もうだめかも~と思っても、安心してくださいね!

ちゃんと抜け出せますから(笑)

 

大切なことは、自分のココロの声を忠実に聞くことです。

全てその通りに行動する必要はありません。

時には全然その通りにせず、やーめた。やっぱいいや、それは。でもモチロンOK。

ただし、心に浮かんだことはちゃんと受け止めてから、行動を決めることが大切です。

 

自分のココロの声を忠実に聞くためには、どんな方法がある?

私の場合は、ある日ココロの蓋がパカッと外れる出来事があって

ココロの声がドバァーっとあふれてきたんですよ。

それで自分がココロの声を聴かないで、耳を背けてきたんだな、って気づいたからよかったんです。

ちなみに気づいちゃった瞬間のことはこちらで読めます。

 ⇒自分をもっと好きになりたい!アラフィフワーママ自己嫌悪脱出の気づき

 

ココロの声を聴くって、実は面倒です。

面倒に思えても、そこで自分に尋ねてみなければわからないことですし

自分自身が、自分の想いを受け止める、このプロセスが大切です。

 

いつも、自分のココロに聞き耳をたてましょう。

自分が本当にやりたいことのために自分の限られたリソースを使いましょう。

 

じゃあどうすれば、聞こえなくなっちゃったココロの声が聞こえるようになるの?ってことですが

 

おススメなのが「人生計画書」を作ることです。

 

書くのって、面倒ですよね。

でも、頭の中で考えるだけじゃなくて、書いた字を改めて目で見る、そして考えるってことが効果的なんですよ。

「人生」計画書なので、人生の終わりまでの、生きる目的を考えることになります。

自分が人生でやりたかったことって何だろう?とある意味究極の問いに答えるためのチャレンジです。

その問いに答えを出すには、嫌でもこれでもかぁー!!という位に自分と対話しなくてはいけません。

あっちからもそっちからも、ええーっこんなとこからもココロに問いかけるんですか?

って言いたくなっちゃうくらい、ココロに質問しまくりです。

たくさんたくさん問いかけるうちに

絶対にココロの声が聞けるようになります。

作り方は決まっているので、その通りにやれば大丈夫ですし、必要なのは紙とペンだけというお手軽さ。

講座に参加して作り方を習えば、簡単なものなら2時間ほどで完成です。

こちらから、ヨッコと一緒に作り方を学べる講座&ヨッコの師である笠井先生による講座へのお申込案内をご覧いただけます。

人生計画書が、不安いっぱいの30代・40代女性に幸せになる方法を教えてくれます!

↑こちらは終了しました。

現在ご提供中のメニューはこちら⇒人生計画書 体験講座

 

お金払うのはいや~!という方は・・・

 

スマホの方は画面を下へ下へスクロール!

PCの方は画面右側をご覧ください。

人生計画書テンプレートをダウンロードしていただけます。

ぜひ書いてみてくださいね♡

 

えーそれも面倒という方は、

こちらならちょっと時間のあるときにできちゃいます。

自分を満たすチャンス!人生に不安や焦りを感じたら全部書き出そう

 

書くのはぜったいやだ!という方もお試しいただける方法、あります。

褒められて「嬉しい」と感じている自分に、ちゃんと気づいてあげましょう~!!

自分の長所がわからない自分をほめるのが難しい人に試してほしい方法3つぜひお試しください。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました♡

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください