利己=利他がいいね!「自分がやりたい=人に喜ばれる」が幸せな人生

  • LINEで送る

色々、書きたいネタは溜まっているのに投稿できてないのが残念なヨッコです~

今日は、自分がやりたいことをやったら他人が喜んでくれる、これって最高の状況じゃない?というお話。

利己(自分の利益になる)=利他(他人の利益になる)ってことだから、みんなが喜んじゃう。

誰も損したり傷ついたりしない、みんなが嬉しいってこと。

今日はその気づきをくれた動画のご紹介と、私自身の利己=利他をどうやって実現するか、というお話です。

 

今日も気づきをくれたのは鴨頭さんの動画

まずは内容のご紹介

以前もご紹介したんですが、最近「炎の講演家 鴨頭嘉人さん」の動画にハマってます。

 

 

今回見て「!!」と思ったのはこちらの動画。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「幸せになる」心豊かに生きるための行動習慣

NHKの番組で日本のボランティアについて討論していて

リクルートの中村さんという女性が語っていたことだそうですが・・・

日本はこれから、社会的弱者が増えることは間違いない。

なぜなら、少子高齢化が進むから。

高齢者は誰かの助けを借りなければ生活できない。

経済も縮小して、自分の収入だけでは生活できない人が増えていく。

つまり、肉体的に助けが必要な人と、経済的に助けが必要な人がどんどん増えていく

世界で一番早くそれが進んでいく。

その状況を埋められるのは、ボランティアだ

だから先日、行方不明の男児を発見したボランティア尾畠春夫さんは、日本の希望の星だ。

ああいう人になりたい。」

これから日本のボランティア人口を増やすには

利己のボランティアを増やすことが必要。そうすれば一気に増やせる。」

この発言を聞いて、ものすごく共感した、というのが鴨頭さんの動画の内容でした。

 

利己のボランティアとは

「利己のボランティア」のイメージって、すぐには出てこないと思うんですけど

実は鴨頭さんが開催しているイベントでは、ボランティアとして参加する権利をクラウンドファンディングで募り、

自分がお金を払ってボランティアとしてイベントに参加する人を募集してるんです。

自分がお金を払ってボランティアとしてイベントに参加する

ってことが成立してるのが、すごいことだと思いませんか?

つまり、お金を払ってでもイベントの運営を手伝うことのほうが、客席で話を聞くことよりもずっと高い価値がある

と思ってる人がたぁーくさんいるってことです。

そういう人がボランティアに参加すると、ボランティアは自分の行動を他人のために役立てることですから

動機は利己的⇒結果は利他的、になりますよね~

しかもこの場合にはボランティアとして参加することにお金まで払っているので、

ボランティアを集めた人はそのお金をイベントのために利用できます。

先日2歳の男児を救出したボランティアの男性も、交通費などすべて自分が負担して各地でボランティアに参加されているようですから

自分でお金を払ってボランティア活動に参加している、と言っていいと思います。

お金を払わないとしても、ボランティアに参加することが自分の学びになったり

自分の経験として価値あるものになるとしたら、参加する人は増えていくのではないでしょうか

例えば、ボランティア経験を成績の一部として評価の対象にする学校がありますがそれも利己=利他の一例といえます。

こういうボランティアを増やしていくことが必要だ、というのが番組の出演者の話だったわけです。

最近話題の「未来食堂」の50分お手伝いしたら1食無料、自分で食べてもいいし誰かにプレゼントしてもいいという「まかない」の仕組みも、この条件を満たしていますよね。

未来食堂のページ:http://miraishokudo.com/makanai/info.html

私も鴨頭さんの動画を見て、なんだかワクワクしてきました!

 

 

自分がやりたいことをやったら他人が喜んでくれる、この状況を作るにはどうすればいい?

まずは、ニーズを探るところから、かな。

  • 肉体的な援助が必要な人がやってもらえると嬉しいこと
  • 経済的な援助が必要な人がやってもらえると嬉しいこと

これには、それぞれどんなことがあるのかリストアップ、

その中に自分がしてあげられることがあるかをチェック。

逆の発想方法もあると思います。

まず自分が得意なことやできることをリストアップ

その中で上記に当てはまることを探す。

これが、今自分が思いつく方法ですね。しごく平凡ですけども。

 

私が考える、私の利己=利他の実現方法

自分が得意なことやできることをリストアップする方法といえば!

人生計画書ですよ~⇒https://yokkoquest.com/wp-content/uploads/2018/08/ec47ff50a014bb3ac344c1ace3df1946.pdf

私はこの人生計画書が好きで、それを世の中の人がみんな、一度は作ってみたらいいんじゃないかと思ってるんですけど

これって、自分が好きで他人が喜んでくれることだから、利己=利他にはなりますが

  • 肉体的な援助が必要な人がやってもらえると嬉しいこと
  • 経済的な援助が必要な人がやってもらえると嬉しいこと

これにあてはまるものではないですよね。

強いて言えば、人生計画書を作る一方で、その実現のための具体的なお金の計画を作るときはお役にたてるのかもしれません。

実は、ボランティアの経験はないんです。

だから、手始めに区のボランティアに登録してみようかな。

そうすれば、どういうことにニーズがあるかわかるかもしれないですよね。

あとは。。そういうアンテナを立てて世の中を見る、という視点を自分の中に常に保つことですよね。

いつも「自分が誰かの役に立ちたい」と思って生きること。

これからはそういう人でいたいなぁ。

家族のためだけじゃなく、今自分が所属しているコミュニティだけじゃなく、まだ触れ合ったことのない人たちのためにも役に立つことをする。

すごく広い世界が広がっている気がします。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください