セカオワ深瀬に学ぶほめ方一つで子供に幸せな人生を与えられる方法

  • LINEで送る

先日「家庭教育学級」なるものに参加してきました。

学校によって呼び名は様々だと思いますが、その学校に通う子供たちの親たちの学びの時間なんです。

そこで学んだ

セカオワ深瀬に学ぶほめ方一つで子供に幸せな人生を与えられる方法

をご紹介したいと思います(^^♪

たった一つだけ!でいいんですよ~。ほらほら、あなたも一緒にやりましょ♪

 

 

子供の個性はどのように育まれるのか

セカオワFukaseの場合

 

 

今回「子供の個性を育む関わり」というテーマで講義をしてくださったA先生。

まず、SEKAI NO OWARIの大ファンだと自己紹介があり

ボーカリストFukaseが発達障害で苦しんだ過去を説明し

「RAIN」という、ジブリの「メアリと魔女の花」の主題歌を聞かせてくれました。

先生がこれまで関わってこられた未就学の発達障害児たちは

たとえばFukaseにみられる抜群の音楽センスのように

突出した個性を持つことも多いそうです。

耳が良すぎて人の話が聞こえすぎることが逆にストレスになったりとか

個性の強さが生きづらさにつながってしまうことも。

健常者のルールに従わなくてはいけない世の中で

自分の個性を生かした居場所を作ることができたFukaseは

発達障害を抱えた人として稀有な成功例だ、というのですよ。

彼がそうなれたのはなぜか?というところから話がスタートしました。

 

あきらめなかったFukase

彼は子供の頃からADHDを抱え、海外留学して2週間でパニック障害になり帰国して精神病院に入院したりと

壮絶な子供時代を送ってきたそうです。

そんな中でも「彼はあきらめなかったんです」と先生は言います。

Fukaseのインタビューにこんな言葉があるそうです。

「俺はいじめにあったことがないからわからないけど、集団リンチにあって骨がぐちゃぐちゃになったことはあって、

その後学校に行っても誰も口をきいてくれなかったことがある

「この、『集団リンチをという本当にひどいことをした相手とも、その後コミュニケーションをとろうとしてる』というところがすごいんです。

彼にはおそらく、リンチをした側のルールがわからなかったんです。

だからそれを知ろうとしてコミュニケーションを取ろうとするんですよね。そして、それをあきらめないんですよ。」

セカオワの別の曲に「人はそれぞれ正義があって争いあるのは仕方ないのかもしれない。

だけど僕の正義がきっと彼を傷つけていたんだね」という歌詞があるそうですが、

Fukaseは心も体も深く傷つきながら、自分が生きている社会のルールを知るための努力をやめなかった 

彼自身が学んだことがこの歌詞に表れているのではないか、とも言われました。

子供が何考えてるかわからない、もういやになったぁー、どうすればいいの?とか

親が言ってる場合じゃないな、と背筋が伸びる感じがしました。

 

子供にも、大人にも、それぞれルールがあって、みんな違っている

発達障害の人の個性のように尖ったものではなくとも

人はみなそれぞれ個性的で、みんな違っています。

世の中や学校には共通のルールがあり、家の中にも家族のルールがあるはずなんですけど、

みんな自分の中で理解している「ルール」が微妙に違うわけですね。

子供たちは特に、毎日たくさんのことを学んで

今日は昨日とは違うルールで生きているかもしれないわけです。

だから大人の側が「子供が今どんなルールで行動しているのか」よく観察しよう、ということなのです。

我が子がFukaseのように苦しむことなく、みんなに理解され、受け入れられて生きていけるようにしたいですよね。

そのためには、まず親が自分の子供をよく見つめなくてはいけないんですね。

でも、全然むずかしいことじゃないんです。

びっくりするくらい、簡単にできるんです!

 

ほめ方一つで子供に幸せな人生を与えられる方法

どんなルールか

Fukaseが大変な努力によって理解した世の中の「ルール」。

子供たちは、毎日授業や遊びや様々な活動を通じて色んなルールを学んでいきます。

親が守るべきルールはたった一つ。

子供が「ルール」を守って行動したことをほめてあげる。

それが非常に大切なのだそうです。

朝起きてきた子供が「おはよう」と言えたら

「おはよう」とにっこり笑って、できればぎゅうーっとだっこでもして、気持ちよく挨拶を交わせばいいのです。

玄関で脱いだ靴を揃えたら「さすが、わかってるねぇ」とか言って、

ルールを守ったあなたをちゃんと見てるよ、素敵だと思ってるよ、って伝えればいいんです。

ただし、一つだけ注意する点があります。

子供が守ったルールは、大人が守ってほしいルールとはちょっぴり違うかもしれません

あるいはすんごく違っているかもしれません。

でもまずは「今あなたはこういうルールを守ってこうしたんだね。よくがんばったね。」と認めてほめてあげる。

その上で、子供のルールを変える必要があると思えばそういう働きかけをすればいい、というんですね。

 

我が家の場合

我が家の洗濯物の例で考えてみました。

長女は洗濯物を取り込んで、着る人ごとに分けて外してくれます。

でも床に積み上げたまま放置ですし、湿ったままなのに外されることもしばしば。

自分の分は片づけてねと伝えても、自分の机かベッドの上に山積みして終了。

最近その状況を見かねて用意したかごにも、たたまず突っ込むだけ。

しわなど全く気にならないのだそうです。

娘のルールは「洗濯ものはとにかく取り込んで外し、着る人ごとに分ければいい。

着るときは積んであるものから取ればいい。」なんですね。

私のルールはどうかな?と考えると、娘とかなり違います。

「洗濯物はきちんと乾いた状態で、畳まれて引き出しに入っていてほしい。」なんです。

こういう風に違うってことに、A先生の講義を聴くまで、気が付いていませんでした。

子供も自分と同じルールで動いてるはず、と思うからイライラしたり怒ったりしたくなっちゃうんですね~

子供の「ルール」を考え始めると、子供の行動が以前より理解できるような気がしますし、

自分の口からするっと「ありがとう。毎日助かるよ~」って言葉が出てきたりするから不思議ですね。

あとは、子供のルールをどうしても変更してほしい場合はどうアプローチするか、そこを考えればいいわけです。

 

ワークで実践

実際にグループワークで行ったのは、子供たちの俳句を褒める、というワーク。

小学校低学年の子供が作る俳句って、すごく素朴なんですよ。

「えーどこ褒めればいいのぉ??」と会場はめっちゃざわざわしてました。

それぞれのグループに一句ずつ俳句が割り当てられ、

どうやって褒めるか、実際に一人ずつやってみるんです。

これがなかなか、難しいんですよね~

でもここまで読んでくださった皆さんなら、親の言葉の正解がどんな感じか、予想がついたでしょう。

「ちゃんと季語を入れて五七五で作れるなんて、すごいね~!」

これが正解です。

こう言えば、子供がどんなルールを守れたのか、ちゃんと伝わりますよね

どんなに当たり前のルールでも、子供が何かルールに従って行動したのが分かったときは、そこを褒めるんです。

ルールを守れた達成感を小さくてもたくさん積み重ねていくことが子供の自信になって、

個性が伸びることにつながっていく、ということなのでした。

 

 

まとめ

子供には幸せな人生を生きてほしい、というのは親であればだれでも持っている気持ちではないでしょうか。

親ができることは実はとってもシンプルで

でもちゃんと子供を見ていないとわからないことでした。

子供が「ルール」を守って行動したことをほめてあげる。

ただ、それだけなのでした。

今日から一緒にやってみましょう♪

最後まで読んでくださって、ありがとうございます。

  • LINEで送る

LINE@で最新情報をお届けします

LINE@に新規ご登録の方には

「本当にやりたいこと」がわかる10の質問をプレゼント中❤

 

友だち追加

 

@hrf3563g でID検索か

QRコードからも登録できます♡


LINE@友達追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください