仕事しながらビジネス文書検定1級に3か月で合格できる勉強法

  • LINEで送る

アラフィフパート主婦とビジネス文書検定1級。大いなるミスマッチのように思えても、決してそんなことはないのですよー。

職場でビジネスメールを1通書くのに30分以上かかっていた私。

何とかしてスラスラとビジネスメールが書ける人になりたい!と一念発起し、いきなりの1級合格を果たした3か月間の勉強法を振り返りたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

準備するもの5つ

①ビジネス文書検定受験ガイド 3級と1・2級を各1冊

このガイドは、いわば参考書です。

いきなり問題集を解いても全然わからないので、最初はガイドの練習問題から勉強しました。

↓私が利用したテキストはこちら。

 

朝の30分

本当なら静かな室内で録音した方がいいです。

外だと風の音が入ったりします。。

録音したファイルが少ないと聞き飽きるし、あまり沢山あっても、今どれを覚えようとしているかスマホの画面でぱっと確認しにくいです。

なので常時5~6個ある状態をキープするようにしました。

週の途中でも、覚えたものは消して、次に覚えたいファイルを追加していきました。

録音の読み上げ速度も、最初ゆっくりにしたら眠かったので、速めのスピードで読み上げるよう変更。

聴き取ろうという姿勢で聞くことになり、覚えが速くなりました。

いわゆる速聴のような状態になったんですね。

通勤の時に録音を聞き、時にはシャドーイングのような状態で暗記していきました。

受験の目的がビジネス文書的語彙を自分の中に取り込むことでしたから、がんばって沢山の言葉に触れて、身に着けようと必死でした。

昼休み30分

最初はテキストの例題を、一つ一つ順番に解きました。

テキストは参考書なのですが、ところどころに例題があり、解説がすぐ近くにあるのでやりやすいです。

まずはそこからやり始めました。

解けない問題は、まず関係のある部分を暗記することが必要な場合も多かったので、ここは明日録音しよう、などとチェックしながらやりました。

最初は解ける問題が2~3割。3回やる頃には、テキストの問題はほとんどできるようになります。

そうなるまでが非常にしんどくて、ノートはどの問題も赤ペン先生の添削を受けたような状態でした。

面倒だったのは、自分の手で沢山書かなくてはいけない部分が多いこと。

テキストの問題が一通りできたら、次は問題集の問題へと進んだのですが、問題集は3部コピーして、直接解答欄に書き込みました。

そうしないと、手書きが必要なため時間を取られて仕方がないのです。

問題集もかさばるので、コピーしてその日の分だけを持ち歩く方法はとても気に入っていました。

問題集は3回やることを目標にしていましたが、3級の勉強に予定より時間をとられてしまい、1・2級の学習に充てられたのは一月半程度。

結果的には1・2級の問題は2回やるのが精いっぱいでした。

 

夜か朝、30分以上(できれば)

夜は子供を早く寝かせたいので、自分の時間はほとんどないです。

たまに子供が早く寝てしまって自分だけ起きていられたり、休日など時間に余裕があるときには、時間を計って受験の状況になれておくようにしました。

それでも2時間の試験時間をまるごと体験する時間を確保するのは難しく、1時間ずつ2回程度に分けての練習を2回位した程度です。

こんな準備しかできてなくて大丈夫かな?と思いましたが、どのタイプの問題にどの程度時間がかかるか大体把握できていたので、本番の時間配分に困ることはありませんでした。

スポンサーリンク

 

本番終了直後は合格の自信なし。。でも!

本番では、エアコンが寒すぎて手がかじかむという予想外の事態に。

夏だったんですが、冷暖房対策はしっかりしたほうがいいです。

吹き出し口の直下の席になってしまい、どうしようもありませんでした。ずっと手をこすり合わせて震えながら受験しました。

始まって30分で席を立つ人が出始めてあせりました(すごすぎる!)。

私は終了10分前にすべて解答を書き入れ、見直しをしながら終了まで席にいました。

正直いって、微妙だなー、ダメだったかもしれないなと思いながら帰宅したのですが、結果的に合格できたので本当にほっとしました。

問題集を3回解いて9割がたできていれば、まず確実に合格できるのではないかと思います。

自分が考えうる最短の時間とコストで、必要な知識を身につけられたので、本当によかったです。

手書きの受験が時代遅れだ、文章のサンプルはいくらでもネット上にあるという指摘ももっともだとは思いますが、ビジネス文書に必要な語彙をまるごと自分にインストールすることが目的の場合、ビジネス文書検定1級受験はおススメの方法です。

自分の社会人としての常識をアップデートすることにもなり、私には実り多い学習となりました。

この投稿が、受験される皆様のために少しでもお役に立てばうれしいです♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください