人間はすぐ忘れる生き物だから何でもすぐやる人になる習慣をつける

  • LINEで送る

最近全然、自分の稼ぎにつながる作業ができてませんでした。

なので、あえて。ブログのタイトルを変えました。

「主婦から経済的自立を目指す」って、宣言しちゃいました!わーい!

人間はすぐ忘れる生き物だから何でもすぐやる人になる習慣をつける

まずは、自分が経済的自立を目指してることを片時も忘れないようにね(笑)

人間はすぐ忘れる生き物だから何でもすぐやる人になる習慣をつける

これって、なかなかできないことだと思いませんか?

あんなに悔しい思いをして

あんなに強く決心したはずなのに

どうして自分はちゃんと努力できないんだろう、って誰でも思ったことあると思うんです。

最近知ったことなんですけど、そういう自分を責める必要はなかったんですね。

人間は、そもそも忘れるようにできてるから、そこで自分を責めても全然意味なかったんです~

今までさんざん自分を責めてイジメて時間を浪費してました。

大事なことは、何か「やる」って決めたら

それをすぐ習慣にすることだったんです。

習慣にする、って何をするかというと、自分がそれをやらなくちゃいけなくなる仕組みを作るってことでした。

例えば、夜寝る前の歯磨きは、やらないと気持ち悪いですよね?

毎日やるのが当たり前の行動になってますよね?

そういう風になるようにするのが、習慣にするってことですね。

人間はすぐ忘れるように作られてる生き物だった

ここで登場するのがエビングハウスの忘却曲線

よく見かけるあれだ、と思われた方も多いと思いますが

こういうグラフです。

「abc」とか「xjf」などなど特に意味のない文字列を覚えていき、

一定時間経過後に、忘れた箇所を再び覚えなおす際、

最初(100%)と比べて、どの程度覚える時間を

短縮できたか(節約率)の関係をグラフに示したものです。

図と文章の引用元:https://explore-market.com/forgetting-curve/

 

一度覚えてから時間が経つほど

覚えなおす量も多く時間もかかります。

図の数字を基に

例えば1か月後に覚えなおそうとすると

最初に覚えたときにかかった時間と労力の79%程度が必要

ということになります。

恐ろしいほど、忘れるんですね~人間は。

こういう風に

覚えよう!と意識したことであっても、こんなに簡単に忘れるのが人間なんです。

だから、自分の記憶力を信用しちゃいけません。

あなたが今語った決意

あなたが今口にした反省

それ自体は、すぐ忘れられてしまいます。

忘れないためにはどうすればいいか?

何度も何度も繰り返し記憶する。口にする。

行動を定着させたければ、何度も何度も繰り返しやる。

これしかありません。

意識してこれをやるのは大変なので

決意を簡単に現実にできる仕組み

毎日行動するしかなくなる方法

そういうシステムをすぐ作ること、かなぁーと思ったんです。

あたしってなんてダメな奴なんだぁー!!って

ぐだぐだうじうじしてる時間は無駄でした。

反省はさっと終わらせて、

気分が乗らなくても体の調子が悪くても

サクサク必要なことがやれちゃう仕組みを作る、そこが大事だったんですね。

 

そんな風に考えたことなかった。。

 

いや、実は以前にも同じことを聞いたかもしれないんですけど、

その時は「そんなことできるわけないじゃん」て思ってたのかも。

でも今は、そうか!やろう!!って思って

実はやってみちゃいました(^^♪

 

忘れてても勝手に体が動く仕組みが作りやすいのは家事!

まずは家事の面ですごく効果を感じたので習慣づけの効果をご報告しますね。

毎日同じことをするから、仕組化しやすいんですよ。

 

実は私、最近毎朝トイレ掃除をしてるんですね。お金持ちがやっている習慣だ、と聞いて(笑)

そこで決めました!

次女が小学校に行く前に、私も出かけられるように仕事始められるように

トイレ掃除だけじゃなく、家事を何もかも全部終わらせよう!って。

 

こう書くと、働くママからツッコミが入るかも(^^; そんなの、当然でしょ!!って。

 

あの、でも、できてなかったんで。。

洗濯物干せないまま仕事に行ったりとか

茶碗洗うの忘れてて帰ってきてびっくりとかもあったし

娘が学校に行ってから自分が出勤する前の時間が1時間ぐらいあるのに

その時間が家事の時間になっちゃってたんですね。

 

これは勿体ない!!

 

その時間にPCに向かってお仕事できたら、稼ぐことにつながるよね~と思ったんです。

そこで朝起きてすぐにやることを決めて、やってみました

 

朝起きたらベッドの横で今日の服を準備 

トイレに行ってトイレ掃除 

次に洗濯をタイマーで朝食まえに終わるようにセット

お風呂の残り湯を汲み置きして付け置き用のバケツを準備&排水口の髪の毛を捨てる

顔を洗って髪を整えて台所へ

ポットの中に残っていた白湯をのみつつ

仕事に持っていく水筒を準備してお湯を沸かす 

前日洗ったお皿を片付けながら朝食のメニュー決めてお皿を準備

お茶を淹れてちょこっとおやつを手にPCの前へ

ここまでを30分ぐらいでやれたんですよ。これが前半。

できるだけ4時に起きることにしてるので、

4:30にはPCの前にいる!私すごーい!!

 

後半は

6:30になったら洗濯物をほして

終わったらお味噌汁作って卵焼いて子供を起こして

食事が終わるとちょっと新聞読んで子供が食べ終わるのを待って

茶碗を洗ってシンクを掃除して食洗機をまわす。

子供を送り出す。自分の着替えと身支度をする。ここまでで8:00です。

 

こんな感じで、動線もよく考えて無駄がないようにして

やることとその順番を決めたら

考えなくていいからラクでした。

 

寝坊しても、大体どのくらいの時間で必要な作業ができるかわかるから焦らなくていいし♪

こちらでも書いたんですが→まずは一杯のコーヒーがくれる幸せを満喫するのが自分を満たす方法

作業の区切りとして&朝の儀式として

自分へのお茶を一杯淹れるのは、自分のために大切なことです。

もともと美味しくいただいてたお茶が、さらにおいしく味わえるようになりました~

 

でもね、課題はまだたくさんあります。

どうしたら、仕事にこれを生かせるのか?ってことです。

仕事って毎日同じことばっかりじゃないから

どうやって仕組化する?ってところがうまくクリアできなくて。

todoリスト作るのか

もっとざっくりした予定表なのか

なにか、うまく回せる仕組みを探して試行錯誤中です。

実は自分が今しているパートのお仕事はやめることにしたので、

家で仕事できるよう考えなくちゃいけないし、ほんとにやることがたくさん!

仕事を通じて学んだことも、「すぐやる!」に通じることなので改めてシェアしたいと思います。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください