担任の先生が突然退職!不登校ぎみの小学校1年生次女は大丈夫かな?

  • LINEで送る

年末年始で一番驚いたことは

新学期が始まってすぐ、次女の担任の先生が退職したことです!

実は、先生が限界を迎えてしまった理由はここかな?と思う部分があるんですよねー。

担任の先生が突然退職して、不登校小学校1年生次女は大丈夫なんでしょうか?

先生がいっぱいいっぱいだな、とは私自身も感じていたものの

まさか退職されるとは。本当に驚きましたね。

クラスが荒れてることは知ってましたが。。

そのあたりはこちらをどうぞ→コンプリメントは効く!小1娘の不登校が直って親も気持ちが楽になる

突然のお知らせにびっくりした新学期前日

新学期前日にお知らせのメールが届いて

「1年2組の担任のA先生が体調不良のため退職されました。つきましては・・・」と

翌々日に説明会が開かれるというお知らせ。

そして、新しい担任の先生のお名前が。

慌てて娘にそのことを伝え、翌日始業式に送り出しました。

とりあえずはベテランの教務主任の先生が担任になるようで、ホッと一安心。

上の子の在学中からおられた先生で、先生自身二人の娘さんが二人とも不登校だったという(!)

なんとも心強い経験をお持ちなんです。

これは、いいかも♪

でも、肝心なのは我が子の反応。

初日を終えて帰宅したところで早速聞いてみると

「うん、大丈夫。(クラスの様子が)前よりずっとよくなったよ。」

という上から目線の感想が。。

そうですか。よくなりましたか。

娘がそう感じるなら、よかったな~

と、思っていたら翌日は・・・学校休んじゃったんですよね。

クラスの雰囲気が変わって疲れた?

なんだかんだ言っても、見慣れた先生と一日過ごすのと

それまでほとんど指導を受けてこなかった先生と過ごすのとでは

たぶん疲れ方が違ったんでしょうね。

今日は休みたい、って朝から全然登校する気がない次女。

「仕事、休まなくちゃいけなくなっちゃうよ。。学校行ってくれない?」

とつい言ってしまったものの(反省)

泣きそうな顔で拗ねてしまった次女を見て、仕事は諦めました。

次女の学校の欠席連絡は、連絡帳を学校に届けるという超アナログな方法です。

いつも迎えに来てくれるお友達に連絡帳をお願いして

その日はお家でノンビリ過ごしました。

欠席連絡への対応が物語る担任の仕事ぶりの違い

退職されたA先生の対応

実は2学期にママたちの間で「連絡帳の対応が全然いけてない!」と噂になっていました。

せっかく連絡帳を毎日学校に届けて、帰りにまた家に持ってきてもらう仕組みになっているのに

連絡事項を書いてくれるでもなく電話がかかってくるわけでもない。

連絡事項を確認した捺印と了解した旨の1行が書いてあって

宿題プリントやお便りが挟まれて戻ってくるだけ。どういうこと!?と

数日間休むことになって毎日届けるのがばかばかしくて途中でやめた、というママがいました。

でも『再登校したら「連絡帳は毎日出してください」って言われたんだよ、どうかしてるわ』と嘆いてました。

その話を聞いて、ちょっと考えこんじゃいましたね。

A先生は、連絡帳の目的を理解してないんだなと。

というか、それよりも目の前の

授業中歩いてる子どもたちのことや何かでいっぱいいっぱいなんだな、と。

その話のしばらくあと、2学期の終わりに娘が学校を休んだんです。

そうしたら、連絡事項を書き写すプリントが貼り付けられた連絡帳が返ってきました。

隣の席の子が予定を書き写し

違う子がメッセージを書いて色を塗ってくれたりと

ずいぶん手の込んだものでした。

そのあともう一回休んだんですが、同じ対応でした。

ありがたいけど、これはまた手間がかかって大変だろうなぁ~と思ったんですね。

新しい担任の対応

今度の担任のH先生は、連絡帳に先生自ら連絡事項を書き、

娘へのメッセージがかわいいメモにさらっと1行、かわいいマステで貼り付けてありました。

1年生の子供の字は正直読みにくいし

正確なのか怪しい時もあるので、確実な情報をいただけるのは助かります。

娘に対してもちゃんと一言添えられているのがすばらしい、と思いました。

A先生は、時折娘へのメッセージもありましたが

毎回の対応がバラバラで、波がありました。

翌日登校した時も、

H先生が「今日は1日ちゃんとがんばったね」と休んだ翌日頑張ったご褒美だといって

特別にマステをはってくれた、と娘が喜んでいました。

さすがだ。。。親よりも娘の心をつかんでしまってます。

見習おう、と思いましたね。

手間は、かかってないと思います。

でもちゃんと娘にも親にも、気持ちが伝わる対応です。

伝えるべき情報がきちんと伝わりますしね。

命の時間は本当にやらなくちゃいけないことに使うべき

A先生は、目の前のことに一生懸命取り組んでくださる先生でした。

実は11月に最初に退職したい、と申し出があり

12月は校長先生もヘルプに入ったりして何とか仕事を続けられるよう説得されたのだそうですが

とうとう退職を決意されたのだそうです。

説明会にも来る予定だったけれど

吐き気と頭痛がひどく、出席できないとの連絡があったとか。。

A先生の仕事に対する姿勢を批判するつもりはありません。

でも

本当にやらなくてはいけないことは何か

ちょっと立ち止まって考えることができていたら

退職しなくてもよかったかもしれない、と思うんです。

連絡帳の対応をどうするか、なんて

沢山ある先生の仕事のうちのほんのわずかな部分でしかないかもしれないけど

そういうわずかなことがつもりつもって

先生の重荷になって時間をたくさん食いつぶして

先生自身の気持ちや体を蝕んでしまったんじゃないかなって思うんです。

だから、自分がやっていることの中にも

多分たくさんあるだろうそういうことを無くしていかないと

自分も同じように疲れ果ててしまうかもしれないな、って思います。

一つ一つちゃんと目的を考えて

本当に今やるべきことなのか?

考えて行動しなくちゃいけないんだな、ってことを

学ばせてもらいました。

A先生、ありがとうございました。

どうかゆっくり心と体を休めてください。

そしてまたご自身の幸せな未来に向かって進んでいかれますように。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

  • LINEで送る

LINE@で最新情報をお届けします

LINE@に新規ご登録の方には

「本当にやりたいこと」がわかる10の質問をプレゼント中❤

 

友だち追加

 

@hrf3563g でID検索か

QRコードからも登録できます♡


LINE@友達追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください