ファーウェイスマホのバッテリー交換キャンペーン渋谷モディ店レポ

  • LINEで送る

週末久しぶりに渋谷に出かけた。渋谷モディでファーウェイスマホのバッテリーをするためだ。

2017年11月末から使用しているP10Liteの電池の持ちが悪くなったから。

通常は7,000円かかる交換費用が半額になるキャンペーン!これはお得♡と思って出かけたら・・・

予想以上に時間がかかり、お得なのかどうか、よくわからなくなりました。

予想以上の時間と手間が

1回目の訪問

ほぼ開店時刻の11:00にお店に到着。しかしすでに数名の先客が。さすがだ。。

30分ぐらい待っただろうか、ようやく順番がきて話を聞くと私の端末は修理可能。よかったよかった。

でも

預かると初期化されるがいいか?という。

 

なにぃ~

 

立ちすくむわたし。

バッテリー交換で初期化???これって普通のことなんだろうか???

バックアップをとっていなかったので、一旦順番から外れてバックアップをすることにした。

連絡先とLINEは個別にバックアップ。

写真はgoogleとamazonでバックアップしているのでそれでよいとして。

デフォルトのバックアップアプリでSDカードにバックアップするのに1時間近くかかり、列の最後になってしまった。

残るは私だけ、になったとき

「すいませんお客様、今対応させていただいてるお客様で本日中のお渡しは最後なんです。

明日のお渡しでもいいですか?」と言われた。

 

なにぃ~

 

今、まだお昼の12:30ですけど。。

「いいですよぉ~(^^)/」と答える。仕方ない。

私の順番が来たら、隣のカウンターで対応してもらってた女性が「うちでは修理できない端末なんで、すいません」と言われていた。

なんと私が当日中の受け取り最後の一人になりました。

2回目の訪問

受け取りは19:30-20:00だったので、一旦家に戻って夕飯を食べてから出直し。

今日は4時間も電車に乗ってる。ちょっとした旅行並みだなぁ。

バッテリー交換キャンベーンが始まってからは平日・休日の別なく、とにかくこういう状態がつづいているそうだ。

そりゃそうでしょう、だって私なんか本体を1,111円で買ってるから、バッテリー交換7,000円て言われたら高く感じるものね。

気の毒なことに、窓口で修理を断られる人もけっこう多かった。

5人に一人ぐらい「海外でご購入ですね。」とか、「シリアルナンバーを確認したら、うちでは扱えないとわかりました」とか断られていた

ちゃんと日本国内の正規ルートで買っておいてよかった~としみじみ思いながら見ていた。

無事受け取った端末は本当に初期化されていて、連絡先とLINEとフォトだけがバックアップ。

アプリの設定が丸ごとなくなっていた。。

 

なにぃ~

 

でもまあ、仕方ないんである。自分が悪いのだ。

どうもSDカードの能力が低すぎたようで、買い換えないといけなかったらしい。そんなことも失敗して学びましたとさ。

まあ、スマホの中身を整理して色々勉強するいい機会をもらったと思います。

ファーウェイP10Liteは使いやすくてお気に入りだけど

画面がキレイ

薄くて軽いけど持ちやすい

カメラ性能もよい

バッテリーの持ちもよかった

私のP10Lite。

夫からは「ファーウェイはもうやめたら」と言われた。

でもあと1年たたないと契約変更の手数料が高すぎるからやっぱり使おう、電池交換しよう!!と決めた。

私の知識不足のせいで、充電しながら操作する時間が長くなりバッテリーを消耗させてしまったのだ。

充電しながら操作するとスマホは100%充電された状態を正しく認識できなくなるらしい。

例えば本来の性能の50%しか充電されていなくても100%と認識して、それ以上充電しなくなるんだとか。

当然バッテリーを使える時間は半分に。。

これが、自分のスマホで起きていた。

Y!mobileで購入したから持ち込めば修理OKと思い込んでたら

自宅から近いY!mobileに寄って修理してもらおー、っと行ってみたら端末の修理は店頭では行わないという。

 

なにぃ~

 

ここに行ってください、とファーウェイのカスタマーサービスセンターのカードを渡された。

銀座と大阪梅田のお店が書いてある。

銀座。。遠い。。と思い、そのままになっていた。

しかもバッテリー交換の相場を調べると7,000円と出た。高い

もう少しこのままでいっか、どうしようかと迷っていた。

年末になってちょっと調べてみたら、なんとバッテリー交換キャンペーンが行われている!

これはチャンスと思ってよくみてみると、都内の場所は渋谷モディ店のみ。

渋谷。。もっと遠くなった。でもええい、行くしかない!

夫に子供を託して、勇んで出かけましたとも。

その結果が、お伝えした通りの状況。

お金は安く済んだしバッテリーも新品になってバッチリだけど

時間とエネルギーの消耗が激しかった

手間と時間が惜しい人は、迷わず三大キャリアを利用するべし

人生の時間は有限。

自分が使いたいことに時間を使うほうがいい。

誰か詳しい人を見つけて、時にはお金を払ってでも自分に必要なサービスを教えてもらおう。

サービスを使いこなすのに必要な知識をサクッと伝授してもらえばいいのだ。

自分で何もかも調べて学ぶのは時間がかかりすぎる

三大キャリアのどれかを選べば、日本全国で同じサービスが受けられる。

質問にはいつでも応えてもらえるし、修理だってすぐに対応してくれる。

データのバックアップだって店頭で丁寧に教えてもらえる

店舗によるかもしれないが、お店の予約までできる(ドコモの時は毎回予約して行ってた)

時間を節約したい人にとっては強い味方ですね。

サービス料金は高いけれど、修理などの対応を考えると、毎月そこに保険をかけているようなものかも。

生活インフラとして欠かせないスマホだからこそ、実はお金をかける価値があるのかもしれません。

まとめ

2020年2月5日現在、バッテリー交換キャンペーンはやってないようです。

交換できる場所を探している方のために、サポートセンターのリンクを貼っておきます。近い場所を探してみてください。

https://consumer.huawei.com/jp/support/service-center/

ファーウェイユーザーにとって、今はバッテリー交換のチャンス。

2019年2月28日までです。

私のように、渋谷に旅行して数時間をファーウェイのために使ってもいい気分の方はバックアップはしっかりとって行きましょう(笑)

次はファーウェイの端末は使わないと思います。気に入ってるから、残念だけど。。

絶対、買う前に修理対応のことを確認してから買います。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

  • LINEで送る

Warning: extract() expects parameter 1 to be array, string given in /home/yokkoquest/yokkoquest.com/public_html/wp-content/themes/xeory_base/lib/functions/bzb-functions.php on line 314

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください