感激!アカデミー賞のレディーガガとナイキCMの女性の姿が神々しくて

  • LINEで送る

第91回アカデミー賞の結果が発表されましたね。

twitterでチェックしていたんですが、

アカデミー賞歌曲賞受賞でshallow熱唱のレディー・ガガの姿と歌に感激~!

さらにナイキCMの女性たちの姿にも感激してしまって。

自分のやりたいことを貫く姿には、本当に憧れます。

ぜひご覧いただきたいので、シェアしますね。

アカデミー賞では作品賞の「グリーンブック」を観に行きたいな~と思ってます。

レディー・ガガとブラッドリー・クーパーが、映画「アリー/スター誕生」の「シャロウ」を披露している様子が本当に素敵で。

時に物議をかもし色々批判を受けながらも自分の可能性を切り拓き、アカデミー賞のステージで本当に輝いているレディー・ガガの姿が、ナイキCMの女性たちの姿と重なるんですよね~。

私も自分の可能性を信じて諦めずに進んだら、自分だけの可能性を見つけられるのかな、って思えて。

大それた想像にも思えるけど、社会で何か自分の居場所を見つけるためには必要なことですよね。

レディー・ガガはお嬢様でストリップダンサーだった!

ガガのことをwikiで調べてみたら、彼女はイタリア系の非常に裕福な家庭の生まれなんですね。

保守的な家族の元を離れてストリップダンサーとして働きながら

どんなに家族から反対されてもスターになることをあきらめずに努力した人。

確かに小さいころから類まれな音楽の才能に恵まれていたようですが、

才能があるから成功できるわけじゃないと思います。

想いがあるんでしょうね。強い強い想い。自分自身でありたい、という。

会場のステージで歌う姿がもう神々しかった・・・

そのすぐあとに見たナイキCMがまた素晴らしくて、なんか二つが私の中で重なったんです。

ナイキCMのナレーションが・・・

このCMは、アカデミー賞の中継の合間に流れたものだそうです。

今は世界的な大スターになっている人たちでも「女性として初めて」を成し遂げた人が受けとるものは

輝かしいものだけじゃないんですよね。

実は航空自衛隊で初めてパイロットになった女性が、私の同期にいたんです。

彼女も「女性で初めて」を経験した人です。

『確かにパイロットになれて嬉しかった。

でも、褒められておだてられるのと同じくらい妬まれ傷つけられた。』そう言ってました。

CMを見て、彼女を思い出しましたね。

それでも自分の信じたことをやり遂げられる自分でありたいな、と思うんです。

それができない自分に足りないものは何だろう?と考えます。

居心地のいい今の状態から抜け出す覚悟なのかもしれませんね。

コミュニティを作る

このブログでも何度かご紹介したかもしれなんですが、私は時々Daigoさんの動画を見て楽しんでいます。

北川景子さんのパートナーのほうじゃなくて、「メンタリスト」Daigoの方です(笑)

この前見た動画で話していたことが印象的でした。

『僕は自分がどんどんいろんなことを学んで成長したいと思ったんです。

だからこうやって動画をシェアし始めたんですよ。

自分がこうなりたい、と思ったらそれをどんどんやって、どんどんシェアすると

みんなの前で宣言した手前ちゃんとやらざるを得ないしウソとか変なことも言えないし勝手に辞められない。

だから皆さんもどんどん自分のコミュニティを作って同じようにやるといいです。」

正確にこのままじゃないんですが、こういうニュアンスのことをおっしゃってました。

なるほど~!と思ったんですよね。

私も、今自分が主宰してる「人生計画部」でさえみんなを楽しませることができてないので

何を発信したら自分も楽しくてみんなも楽しいかな?て考えてるところです。

まとめ

今日は自分の憧れをシェアしただけの投稿になっちゃいましたが(笑)

これまで「とことん自分を貫く」っていうことができないまま生きてきてしまったので

これからは・・・と密かに思い定めています。

ただ問題は、どう生きることが「自分として生きることなのか」がまだもやっとしていること。

今の課題は、それをもっと明瞭に言語化することですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください