子どものアンガーマネジメント講座!かんしゃく持ち小学2年生の参加記録

  • LINEで送る

実は今日、新小2の娘がアンガーマネジメント講座に参加しました。

うちの娘はいわゆる「かんしゃく持ち」。

何とか怒りをコントロールする方法を身に着けてほしくて

NPO法人「たいとこネット」さん開催の小学生向けアンガーマネジメント講座に参加させてみました。

娘は、何か自分の思い通りにならないことがあるとマンガみたいに地団駄ふんで怒ります。

おもちゃの兵隊さんみたいで笑える姿です。

でも親としては少しずつ感情をコントロールできるようになってほしい

気づいたときにその方法を伝えてみるものの、「やだ」「やりたくない」と言い張って毎回おもちゃの兵隊さんに。

そこでアンガーマネジメントの出番となりました。

アンガーマネジメントとは?

「怒りをコントロールする技術」のことです。

技術なので、学べば誰でも身に着けることができます。

怒りをコントロールする技術を大まかに分けると

  • とっさの怒りを抑える方法
  • 怒らないための習慣
  • ムダに怒らない心の持ち方
  • 怒りを上手に伝える方法

の4つがありますが、今回の講座は子供向けのワークブックを使った45分のもの。

怒りを客観的に見つめる方法

を主に考えさせる内容になっていました。

参加させた理由

小学2年生に怒りのコントロール?できるの?と思われるかもしれませんね。

実は怒りって、自分自身でどんどんエスカレートさせていっちゃうものなんですって。

娘を見ていると、それがよくわかります。

怒りがエスカレートしていくとどうなるか

  • 他人を傷つける
  • 他人を傷つけたことによって自分も傷つく
  • モノにあたる

ということが毎回起きています。

あなたは「自分の怒りを客観的に見つめる方法」をお子さんに伝えられますか?

私は本を読んで自分でやってみようととしましたが、うまくできませんでした

そういう時は他人の力を借りよう!ということで、たまたま友人から講座を教えてもらったので参加させることに。

「怒り」の感情って、実は自分を守るために人間に備わっている機能なんですよ。

でもそれが過剰に働いてしまうと、人間関係にマイナスの影響が出てしまいます。

娘も今年度はクラス替えがあって、新しい人間原関係が始まります。

そこでみんなと楽しくコミュニケーションをとって良いスタートを切ってほしいんです。

実際の講座の内容

講師の方は女性がお一人でした。集まった小学生は、低学年の子供たち20名弱。

最初に「怒るのは人間として自然な感情です。だから怒ってもいい。」という話題からスタート。

でもその時に「ひとをきずつけない」「じぶんをきずつけない」「ものをこわさない」ようにしよう、というお話が。

そして「怒りを絵に表してみよう」ではクレヨンで怒りの色や形を描いてみます。

確かにこれは、怒りです(笑)

次は「怒りの温度計」。怒りの度合いによって自分の態度がどう変わるかを書いてみます。

「あたまがぱんぱんになっておこりたくなる」

「いらいらしておこりたくなる」

「おちつこうとするけどおちつけられない」

って書いてありますね。なかなかうまくとらえているんじゃないでしょうか。

次に「怒りんぼオクトパス」で、怒る前に本当はどんな気持ちがあったのかを考えさせます。

娘は「なぜおこったのかわかりません」としか書いていないので、怒りの前にある感情を捉えられないようです。

自分がなぜ怒りを感じるのかわからないんですね。

ここを言葉に出させることを意識しないといけませんね。

怒ってるときは難しいかもしれないけど、怒っていないとき練習すればいいのかも。

自分の気持ちを言葉で伝える練習。

それがもっと必要だ、とわかったことが大収穫(^^)/

家に帰ってから

  • 「自分が怒ってるな」と思った時何をするか決める
  • 「アンガーマネジメントマップ」を完成させる

部分を親子でやってみましょう、というお話がありました。

明日一緒にやることになってます。

まとめ

「ひとをきずつけない」「じぶんをきずつけない」「ものをこわさない」

この中で自分が一番難しいと思うのは「じぶんをきずつけない」です。

最近の私は、思うように在宅ワークでお金が稼げない自分に苛立ってばかり。。

子供の前に自分自身への苛立ちと怒りをどうにかしないとな、と気づかされました(笑)

でも、苛立つのは自分の思いと行動と、その結果が一致しないから。

諦めずに一歩一歩、目標達成まで努力あるのみです。

そしてもちろん、親として子供への言葉かけをどうするのがいいかも考えさせられました。

かんしゃく持ち小学2年生は「かんしゃく持ち」という不名誉?な称号を手放すことができるのか・・・?

子供と一緒に怒りを手放し、毎日楽しく過ごせる時間を増やしたいと思います。

風船に怒りんぼの顔を描いて、飛ばしちゃおうかと(笑) そういうノリで行きたいと思います。

きょうも最後までお付き合いくださってありがとうございました♪

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください