目指すは億女!マネーキャリアプランナー初級講師養成講座へ

  • LINEで送る

もう令和の初日が終わろうとしていますね。

今朝思わず「明けましておめでとうございます」って言いそうになったヨッコです。

私自身特に感慨はないんですが、「令和もよろしく」とご挨拶をくださった方も。

そういう改まった気分が漂ってますね。

その新しい時代に、目指すは億女!ということでマネーキャリアプランナー初級講師養成講座に参加してきました。

「億女」ってかなりインパクトのある言葉なんですけど

“これから人生100年時代を豊かに生き抜くために、資産1億円を目指そう”

ということなんです。

Advertisement

いきなり1億円は無理だとしても

まずは1000万円貯められる家計の仕組みを作ってそこから投資を始めていき最終的には資産1億円を目指そう、ということなんですね。

マネーキャリアプランナー初級講師って何をする人?

4月27日・28日の二日間私が参加したのは、マネーキャリアプランナー初級講師養成講座。

マネーキャリアプランナー初級講師は、人生計画書の作り方とマネー計画の作り方を伝えられる人のことです。

私の場合は自分で企画した講座等でこれまで51名の方に人生計画書を作っていただきました。

しかしマネープランについては経験不足。

今回の講座ではマネキャリ初級講座の内容に関する説明、講師としての自己紹介&講座の進め方のロールプレイがあり、講師としてビシビシ鍛えられました(笑)

初級講師としてできていること、できていないこと

今の自分に何ができていて何ができていないか、人前に立って話すとすぐにわかってしまうものですね。

できていること

私は人前である程度講師らしく話すことはできています。

自己紹介の3分間で、ある程度場をつかむ話し方ができたことが一番の成果でした。

8人中7番目の発表だったこともあり、他の人への指導を聞いて本番前に内容をブラッシュアップすることができたのは大きかったかもしれません。

誰に対して話すか、どんな事例を選ぶかというポイントを押さえてストーリーを語る部分はある程度コツがつかめたように思います。

プレゼン自体も改善の余地はあるものの、一応うまくいきました。

できていないこと

服装も演出の一つであること、髪型も手で直したくならない髪型にと注意を受けました。

確かに、講師がいちいち髪を直しているのでは講座の内容よりもそちらが気になってしまいますからね。

また、セリフ的な言葉をもっと効果的に使えるはずとの指摘も受けました。

ただ一番の問題は講座が始まってからなんです。

私は丁寧に説明し過ぎる傾向があるんですが、その悪いクセが思いっきり出てしまいました。

さらに、明らかに準備不足でした。

パワポの資料を読み上げるだけの「パワポの奴隷」にならずに、どうやって講義の内容を参加者に理解してもらうのか

まだまだ試行錯誤が必要です。

参加者のパターンを2パターンぐらい考えて、それぞれの方たちに響く内容の全く違う事例を出していくような練習が必要かもしれません。

Advertisement

自分はこれからどんな人のために何ができるのか

今の私にできることは、人生計画書を作る面白さ・楽しさを伝えること。

そして、手間をかけずに健全な家計を作るシンプルなコツを伝えること。

さらに、人生100年を豊かに生きるための堅実な投資方法を伝えること。

この3つなら、自分が教わったことを「知りたい」という人に伝えられます。

これを知りたいと思っている人はどこにいるどんな人なのか?

どういう風に話したら、その人が知りたいことを伝えられるのか?

肝心の知識を伝える「場」はどう作るのか?

問題は山積み(笑)

でも一歩一歩その山に登っていくしかありません。

もし、私から「人生計画書」や「健全な家計の作り方」や「堅実な投資方法」を聞きたいと思ってくださるのであれば、喜んでお話します。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

それではまた次回。

  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください