続ける?やめる?子供が不登校になったとき親の仕事はどうする?

  • LINEで送る

子供が不登校になったとき「自分は子供のために何をするべきか?」と親なら誰でも悩むと思います。

特に仕事に関しては、続けられるかどうか真剣に悩まれる方も多いのではないでしょうか。

子どもの年齢や希望にもよりますが、小学校低学年ぐらいまではいくら自宅とはいえ長時間一人にしておくのは心配です。

続けるのがいいのか?やめるべきか?子供が不登校になったとき親の仕事はどうすればいいのでしょうか。

参考として、不登校の始まりから私自身の働き方がどう変化してきたかもお伝えします。

不登校になると子供がずっと家にいる!

不登校になると、子供がずっと家にいます。

もともと家に大人がいる家庭なら問題ありませんが、大人は両親だけで共働きだったりすると

「どっちが仕事を休むか」は決めるのが難しい問題ですよね。

1~2週間は交代で休んで乗り切っても、長期化するとそれも難しくなります。

親の働き方についてどんな対応ができるか考えてみました。

親もずっと一緒にいるべき?

そもそも子供が不登校になったら、親はずっと一緒にいるべきなのでしょうか。

状態が落ち着いていて何かあったら電話で連絡できるとか

自分一人でご飯を食べて待てるか

子どもが親と過ごすことを望んでいるかなど

子供の状態や年齢によって対応が分かれる部分だと思います。

小学校高学年以上ならある程度留守番はできるでしょう。

その時間で仕事に行けるなら、絶対その方がいいと思います。

理由は、ふたりきりでいるとどうにも煮詰まってしまうから。

もともと親としては「学校にいってほしい」「勉強してほしい」とか

子どもが今全然望まないことをやってほしいと思ってる場合がほとんど。

子どもがゴロゴロしてゲーム三昧なのを見てるだけでイライラするんですよ。

今日のお昼は?おやつなに?とか聞かれるだけでイライラ度が急上昇。

一緒にいることが苦痛になります。というか、私はそうでした。

不登校の相談にいくと親子別室での対応をしてくれる場所があり、

そういう場所にいくとスッと気持ちが楽になったのを覚えています。

子どもが不安にならないようなら、ずっと一緒に過ごすのではなく毎日少しでも離れる時間を作る方がいいと思います。

どの程度離れる時間を作る?どうやって時間を作る?

一人で過ごせる時間の長さも、お子さんによって違いますよね。

我が家の小1娘の場合、せめて午前中だけでも勉強させようと思い

ドリルを買って毎日決まった分量をやらせるよう努力していました。

最初は学習の習慣を作るだけでも大変でした。

でもやらせないと学校の勉強が進んでしまうので、娘には勉強をする意味を根気強く話して毎日勉強はさせました。

分量としては非常に少なかったですが、学校の進度を先生に確認してそれに合わせて進めたんです。

そうやって子どもの勉強の相手をしているだけで、昼ご飯を作る頃には自分が疲れ切ってしまいます。

正直言ってずっと子どもと二人きりで過ごすのは辛かったです。

だから午後になると買い物や図書館など30分から1時間程度で出かける用事を作って

短い時間でも子供から離れるようにしました。

1時間以上私が家を離れると不安になって何度も電話をかけてくるので、当時はそれが限界だったんですよね。

今は2~3時間程度なら大丈夫です。

外出しなくても、家の中で離れて過ごすだけでかなり気持ちが休まります。

私は子供のテレビや動画、ゲームの音を聞くのが苦痛で、午後は寝室にこもって過ごす日も多かったです。

お母さんは寝室にいるから何かあったら呼んでね、と声をかけておきおやつを一緒に食べるようにすれば大丈夫でした。

おやつの時ちょっと一緒に遊んだりテレビを見たりするだけでも娘は結構満足してくれたので助かりました。

親が安心して仕事をするには

生活するには自分が働いてないとダメなんです、という方もおられることでしょう。

その場合頼れるものは何でしょうか。

じいじばあばに頼れる人はいいですが、そうでない人も多いですよね。

ファミリーサポートなどの保育サービスに頼るのも一つの方法かなと思います。

料金がかさみますから誰にでもおススメできる方法ではないですし

子どもと保育者の相性もあるので何ともいえませんが

時短勤務や週に何回かの出社でよい働き方の人なら安心して勤務できるのではないでしょうか。

ただし毎日フルタイムで働く間ずっと利用するのは難しいでしょう。

その場合はお子さんが見守られつつ長時間過ごせる場所を見つけるしかないと思います。

フリースクールから塾へいくなど、過ごす場所をリレーする感じで乗り切ることができるかもしれませんし

どこかお子さんがなじめる場所を探すしかないでしょうね。

それから、極端な提案のようですが山村留学という方法もあります。

親子での移住を歓迎してくれるへき地の自治体が実はたくさんあるんです。

子どもの学校はもちろん家は無料だったり格安で提供され、仕事の紹介をしてくれる場合も多いです。

ほとんどの場合担当者がきちんとついて、移住してからも色々相談できる体制が整っています。

自分も生活環境を変えなくてはいけないので大変ですが、子どもと一緒に新しい生活を始める選択肢もあるんですよね。

収入が減っても子どもが元気で学校に行ってくれるならそれでいい、と思うならチャレンジする価値があると思います。

私はこれまで家族で6回の転勤を経験し色々初めての土地で暮らしましたが、地元になじめるかどうかは自分たちの努力次第です。

しかも子供がいるほうが、何かと地元の人と関わる機会が多いためその土地になじみやすいですよ。

自分たちが何を求めているのかちゃんと伝えることができれば、周囲の人たちがきっと力になってくれます。

子供のことは考えなくていい場合、自分が本当に望む働き方は?

私は本当は、思いっきり家の外で働きたいです。

そうはいっても子供が小さくて不登校が長期化してしまうと

退職、給食、時短勤務、在宅ワークなど自分のキャリアを犠牲にせざるを得ないのが実情でしょう。

我が家の場合、娘が「学校から家に帰ってきたときママに家にいてほしい」というんですね。

そして学童保育を断固拒否しています。

夫は単身赴任でずっと不在。

じいじばあばは遠くて滅多に来られません。

学校がある時期はいいんですが、問題は夏休み。

1か月半もの間、子供が家にいます。自分だけがずっと子供の面倒をみなくてはなりません。

たとえどこかの会社で採用していただいたとしても、夏休みは働けませんとか夏休みは在宅で、という働き方になります

自分が望まない働き方はとても苦しくて悲しい。。。

あと2年ほどは我慢しなくてはいけないかもと自分に言い聞かせてますが、本当に辛いものですね。

何とかウェブで稼げるようになりたいですが。。。

私の苦しいあがきを知りたい方のために(?)、これまでの状況を書きますね。

パートに出たり在宅ワークにチャレンジしたり超低収入のまま半年以上経過

昨年5月末から小1娘が不登校に→7月で会社を退職

昨年の5月末から娘が不登校になり、6月はかなり休みがち、7月は多少状況が好転し週3日以上は学校に行きました。

しかし子供がいつ休むかわからない、休むと言ったら家にいなくてはならないのでは仕事になりません。

時短勤務に子連れ出勤、在宅勤務と一通り経験しましたが、子供がいる場所で仕事をするのは私には無理でした。

なんだかんだで7月は自宅から会社の作業をちょこちょこしていたので、本格的に何もせず自宅でのんびりし始めたのは8月から。

9月までは子供優先で暮らそうと決めてのんびりして、なるべく下の子と一緒に過ごすようにしました。

昨年10月からパート復帰!しかし娘に再び不登校の気配→1月に退職

しかし収入が一気になくなって、家計は火の車に。

それでも貯蓄が多少あったから何とかなっていましたが、とにかく働かないと!と思って仕事探しを開始。

テレアポの仕事を見つけ、10月から冬休みと春休みは休んでよいという好条件で雇ってもらいました。

しかし結局、年明けの1月に退職しました。

1月には娘が2日ほど不登校かな?と思われる状態で休んだ日があり不安定なのが気になって気になって、仕事に身が入りませんでした。

仕事自体も単調すぎて苦痛でしたから、やめちゃおう!という感じでやめました。

たとえ少ししか働く時間がとれなくても、多少はやりがいのある仕事でないと自分が辛いな~と思ったんです。

1月から3月は自宅でライティングの仕事だけ→ジリ貧に

とにかく自宅でできる仕事をやってみようと思い、クラウドワークスでライターの仕事にチャレンジし始めました。

時給でお給料をいただける仕事もありますが、いくつかチャレンジしたものの不採用に。

自分の能力の低さも知ったし結局ずっと子供が家にいる冬休みや春休みにはお休みしないといけないと思うとそれ以上探す気になりません。

家の中にいると、仕事の邪魔をしにくるのです。

本人は邪魔をしているつもりはないんですが、母のことが気になって仕方ない様子。

こればかりは娘の成長を待つしかないのが辛いところです。

友人のブログを手伝って手当をもらっていたのですが、そちらもなかなかうまくいかず、どんどん貯金がなくなっていきました。

4月からライティングの仕事に奮起→3万円の収入に

このままじゃヤバい!と一念発起して、4月から5月にかけてとにかくライティングに時間をかけて頑張ってみたところ、どうにかこうにか3万円程度の収入に。

しかし毎月10万円以上稼ぎたいと思うと全然足りません。

それに、ずっと家にこもって一人で作業しているうちに体はぽよぽよ、時間をかけても単価が安く稼げないので自信はなくなるしどんどん落ち込んで負のスパイラルに入りどうしようもなくなってきました。

なので5月からは夏休み前までの期間外で働ける仕事を探すことにして、マザーズハローワークに行きました。

長くなったので続きはまた別の機会にしますが、何も進展がなくて読み返すと恥ずかしくなる内容(笑)すみません。。

まとめ

子どもの不登校は親の仕事にも多大な影響を及ぼします。

できるだけ早く学校に復帰してほしいですよね。

今までの仕事を続けられればいいのですが、そうもいかない場合もあるでしょう。

我が家は夫の稼ぎがあるので路頭に迷う心配はないのですが

安定した収入がなくなると、人間はこんなにもネガティブで不安定になるんだと身をもって知った半年間。

毎日同じ職場に行き、ちゃんと仕事が決まっていることのありがたさをしみじみと感じました。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください