家事代行Casyのお掃除キャスト!応募から研修まではこんな感じ

  • LINEで送る

前回の引っ越し梱包サービスに続き、5月から始めた仕事をご紹介するシリーズ。

今回はCasy(カジー)という家事代行サービス会社のお掃除キャストになるまでのお話です。

応募から研修までの流れをまとめてみました。

株式会社Casyってどんな会社?

スポンサーリンク

テレビ番組でたびたび取り上げられたり、

昨年12月から今年5月の上期では日経DUALの「家事代行サービスランキング」で1位をとるなど

成長中の会社です。

その理由はというと…

  • Webを通じた申し込み&キャストの手配によりコストダウンを実現
  • 定期利用で1時間あたり2,365円(税込)〜、1時間あたりスポット利用でも2,700円(税込)〜という低価格
  • キャスト(サービス提供者)に手厚い研修とサポート体制を準備しサービスの質を担保
  • キャストの高時給(1450円スタート)を実現

というように、サービスの利用者だけでなく働く人も気持ちよく働けるような仕組みができています。

提供するサービスはお掃除代行とお料理代行です。

「代行」という名のとおり、

各家庭の道具や材料で可能な範囲のお掃除やお料理をお客様の代わりにさせていただくサービスを提供しています。

創業者は元公認会計士。ご本人も奥様もバリバリのキャリア志向でガンガン働いていたけれど

子どもができたらどうしても家事に手が回らなくなり

家政婦さんを頼んで何とか乗り切ったんだそうです。

けれども非常にサービスの使い勝手が悪かった、

だから自分たちでサービスを作っちゃおう!ということでCasyを創業されたんだとか。

すごいですよねー。

ないものは自分たちで作る、ってところが。起業家ってそういう発想なんだなと思いました。

さてさて

話をもどして私の採用がどんな風に行われたかをお伝えします。

お掃除キャストに応募して面接を受けました

お掃除キャストに応募したあと、

料理と掃除、どちらの職種を希望するか、

面接の希望日と時間帯の候補を3つ書いたメールを送りました。

その中から先方が「この日」と日時を設定してくれたので待っていると

電話がかかってきました。

対面の面接かskypeなどを使うのかと思っていたら

電話だけでびっくり。

まずお掃除や料理の経験を聞かれます。

私の場合は主婦歴=経験という感じで伝えました。

掃除に関してはすぐに「研修はいつにしましょうか」ということで

午前に2.5時間の実地研修、午後2時間の本社研修が組まれました。

料理については、「お肉を使った中華の主菜を1品挙げてください」

「それに合わせる副菜とスープを挙げてください」

「お魚を使った和食の主菜を挙げてください」

「それに合わせる副菜と汁物を挙げてください」

という具合で洋食までいったのですが、

そこでちょっと詰まってしまいました。

何とか面接には合格しましたが、料理の代行サービスでは今言ったようなメニューの組み合わせを

冷蔵庫を見たりお客様と打ち合わせてパパっと決めて

3時間で8~9品作る、と聞いてやめました。

家に帰ったらもう絶対料理を作りたくなくなってるな、と思ったからです。

「だしのとりかたを説明してください」

「ホワイトクリームの作り方を教えてください」

という質問にはスラスラ答えられたんですがね…

とにかく作り置きおかずのニーズが高いのだそうです。

そうでしょうねぇ。私も利用できるんだったら利用したいなぁ~

そんなことを考えていると「お掃除、お料理共に合格ですが、とりあえずお掃除からお仕事スタートでよろしいですか?」と聞かれ、それでお願いしました。

Webページからキャストとしての登録が終了すると、

「[CaSy]キャスト本登録完了のお知らせ」メールが届いて、研修に臨む準備完了!

あとは当日遅れないように研修に行くだけです!

研修はけっこう疲れます

どんな研修かな?と思って行ってみたら、マンション入り口で待っていてくれた人が。

私の他にも研修を受ける人が一人いて、3人でなんとお客さまのお宅にお邪魔して実地の研修!

最初のご挨拶やお仕事内容の確認を始めるところから

細かなお掃除要領、お客様による終了確認に至るまで

実際の作業の様子の一部を見せてもらいながらプリントにメモを取り

どういうポイントに気を付けて作業すればいいかを学びます。

ぶっ通し、立ちっぱなし、お掃除みて質問しまくりの2.5時間。

充実の研修でした。教育係のキャストの方のお姿が尊くて…

私ホントにこれできるんだろうか、ってちょっと自信をなくしつつ

あ、そんなに根をつめてやるわけじゃないんだなということもわかって安心する部分もあって

終わったときはほっとしましたね。

午後は本部で座学と写真撮影&初仕事の登録!

午後は本社にお邪魔して、打ち合わせスペースの画面で

説明ビデオを見たり社長のメッセージを見たり

Casyのエプロンを手渡されて初めて身につけ、廊下の壁ぎわで写真を撮影

社員の皆さんにご挨拶してから

初めての仕事の登録を促されます。

Casyのお仕事は、1回2時間が基本。交通費は往復700円支給されます。

自宅から何分ぐらいの範囲で仕事を探すかや日程など

仕事探しの設定も色々できて便利なアプリがあるんです。

現場での延長はないので、

子どもの帰りに合わせて家にいたい主婦も安心して働けます。

子どもが急に熱を出したら

本部に連絡すれば代わりの人を派遣してくれるというし

夏休みに働けないならその間だけ別の人を手配しますよ、とも言ってもらえました。

ありがたいですよねー。

こんな素晴らしい職場があったんだ!!ほんとにびっくりです。

だから安心して仕事を入れることができました。

まとめ

1日だけですがしっかり研修があって安心して働けます。

新人キャストには先輩キャストが一人紹介され、本社の人に聞くよりも気軽に

色々疑問点を尋ねられるしくみがあります。

このしくみで先輩に気軽に相談できて

しかも早めのレスポンスをいただけるので助かっています。

次回はいよいよ最初のお仕事のお話です。

スポンサーリンク
  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください