自分の老後生活には毎月いくら必要?まずは金額を計算してみよう

  • LINEで送る

前回の記事「金融庁の報告書で話題の2,000万円じゃ足りない?今何をするべき?」ではまず「自分の必要額を知る」ことが大切だとお伝えしました。

その最初のステップは、自分の老後生活のイメージで必要額を計算してみること。

今想像できる老後生活で大丈夫。とにかくササっと計算してみましょう。

ヨッコの夫(公務員)の場合

65歳になったら、二人の娘はどちらも大学を卒業して仕事をしている時期のはず。

夫とふたりで暮らしている予定です、今のところ(笑)

自宅なので家賃はかかりませんが、65歳になるころにはリフォームしてから20年。ちょうど手入れが必要な時期になりそうです。

毎年の固定資産税が10万円管理費と修繕費で毎年35万円

その他に生活費として毎月20万円は必要だと思います。

  • 食費 3万円
  • 電気ガス水道 2万円
  • 夫こづかい 2万円
  • 妻こづかい 2万円
  • 特別費 1万円(誕生祝や香典など)
  • 通信費 1万円
  • 保険料(医療保険)1万円
  • 日用品費 5000円
  • 医療費 5000円
  • 貯蓄 4万円(翌年の特別費にあてる)
  • 外食費 1万円
  • 娯楽費 1万円
  • 教養費 1万円

こんなところでしょうか。

超健康な二人なら、贅沢はできませんがこんな感じでなんとかなりそうですね。

ここまでの合計が年間285万円で、一か月あたり237,500円です。

このほかに特別費として40万円程度は毎年準備しておき、一年に一回ぐらいは家族で旅行に行きたいです。

夫の年金はおよそ月額15万円程度と予想されます。

予想額は夫の仕事の平均的な年金額をあてはめただけなので、厳密には計算していませんが平均より少ないことはないはずです。

これにプラスしてヨッコの年金も入ってきます。

自分の「ねんきん定期便」によると、今のところ年間639,867円。約64万円です。

一か月あたり約5万円ですから、夫の年金と合わせると生活だけならなんとかなりそうです。

ただし税金やマンションの管理費・修繕費のお金がありません。

そのためには毎月あと5万円はほしいですね。

夫が亡くなったあと一人で暮らす費用は大体夫婦の7~8割程度と言われています。

独身の方は参考にしてくださいね。

家の修理が必要になったらまとまったお金も必要ですし、これらのお金をどう準備していくかが課題です。

実はまだまだ支払いが残ってる!住宅ローン

なんだよ、順調じゃないかよー!けっ、と思わないでください。

実は隠し玉があります。住宅ローンです。

我が家はなんと夫が78歳になるまで住宅ローンの返済予定が組まれていて、退職金で相殺しても290万円ほど残ってしまうんです。

退職金の金額は自衛官専門のファイナンシャルプランナーさんに伺いながらかなり正確な金額を出したので、ほぼ間違いありません。

夫の定年は57歳の予定です。

その後20年間、毎月5万円以上を払い続けなくてはなりません。

65歳までは第二の就職先で働けるからまだいいとしても、78歳まで働くことができるでしょうか?

健康寿命(元気で動ける年齢)の統計データを見ると男性70.42歳、女性73.62歳なので、70歳までは働けそうです。

出典:厚生労働省「平均寿命と健康寿命をみる0416」

しかしその先は難しいかもしれないというのが実情ですね。

何とか65歳までに毎月5万円以上のキャッシュが入ってくる仕組みを作りたいところです。

一応投資マンションが一部屋あるのですが、築35年以上の物件がその時に毎月5万円の利益を生んでくれるのかは未知数ですから、別の対策が必要です。

これで夫の定年までに繰り上げ返済で300万程度を返済できれば申し分なしです。

返済期間がせめて70歳まで短縮されないと、安心して歳をとることができません。

これから長女が高校・大学と進学していくので非常に厳しい状況ではありますが、家族力を合わせて知恵を出し合い、自分ももっと稼げる人になって乗り切りたいです。

Advertisement

まとめ

まずは老後の生活に何を望むのかはっきりさせましょう!

そしてその場合の必要額を計算してみましょう。

ざっくりでもいいんです。

税金など必ず納めるべきものは、できるだけ具体的に把握すると対策は万全ですけど。

退職後はできればゆっくりのんびり楽しく過ごしたいから、今学んで打つべき手を打っておきたいですね。

  • LINEで送る

LINE@で最新情報をお届けします

LINE@に新規ご登録の方には

「本当にやりたいこと」がわかる10の質問をプレゼント中❤

 

友だち追加

 

@hrf3563g でID検索か

QRコードからも登録できます♡


LINE@友達追加

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください