アクセス・バーズは怪しい?胡散臭い?私は好きだからやっちゃいます!

  • LINEで送る

アクセス・バーズ、って検索すると「怪しい」「胡散臭い」「やめた理由」と言う感じでマイナスイメージの言葉が並んでいます。

無理ないよなぁ、と思うんです。だって、科学的に効果を証明できないし何もかも高いんだもの(笑)

アクセス・コンシャスネスが怪しくて胡散臭い理由

科学的に効果を証明できない

これはあくまでも私個人の理解ですが、アクセス・コンシャスネスの効果を化学的に証明するのは難しいと思います。

施術を受けている人の脳波を 計測すると深いリラックス 状態にあることがわかった、という動画が公開されたことがありました。

数値として証明できるのは脳波が限界かもしれません。だって、施術を受けた人によって受け取るものが違うわけですから。

科学の証明というのは、あることを決まった方法でやると必ず同じ結果になる、それを証明することです。

施術者が同じポイントを同じように刺激しても、施術のタイミングや被施術者により効果が違うのではそもそも科学的に証明しようがありません。

そういうものを信じられないという人は、無理に信じなくていいと思います。

なんか怪しいけど魅かれる、胡散臭いけど効果があるならやってみようかなという好奇心が勝る人にはおススメの方法だと思います。

思いがけず素晴らしいものを受け取れるかもしれないし、全然何も受け取れないかもそれないし、こればかりはやってみないとわかりません。

施術も資格も金額が高い

施術を受けるときの料金相場は?

とにかく1回やってみよう~と思ったとき立ちはだかるのは料金の壁です。

施術を1回受けると大体1時間8,000円から12,000円程度の料金がかかります。「最低でも気持ちのいいマッサージを受けたのと同じ効果がある」と言われても、かなり高いですよね。

一度時間や料金の相場を調べたことがありますが、1回の時間を30分から設定している人もいれば1時間半の人もいます。料金は1回20,000円を超す人から6,000円程度まで、本当にさまざまでした。

資格をとると 人にも自分にも施術できるからお得

2019年現在、最も基本的な資格であるアクセス・バーズ・プラクティショナーという資格を取得するのに4万円かかります。講習に1日参加すれば取得できてすぐに人に施術できるので、簡単で実用的だと考えることもできます。

人に施術できるのはもちろん、自分で自分に施術してもいいものなので、それが目的ならバーズの資格をとるのはおススメです。

最近Faceliftのプラクティショナー資格を取ったからわかるんですが、Faceliftは自分に施術するのが難しいです。バーズの施術は自分にもやりやすいので、資格をとって自分に施術すると費用を抑えることができます。

数人に施術すれば元がとれるよ、と言われるものの1時間1万円もの施術を気楽に友人に勧められる人は多くないのでは。

私も友人全員には声をかけられないままこうしてブログに書いてますし(笑) ごく親しい友人には話をしましたが「やっぱり高いよねぇ」と言われて終わりました。

無料お試しをしてもらうとけっこういい反応をもらえるんですけどね。

今またアクセス・バーズが気になる理由

以前の投稿⇒アクセス・バーズで脳デトックス!考えすぎて脳がパンパンな人におすすめ にも書きましたが、頭をスッキリさせたい時には本当に”使える”方法なんです。

まさしく脳のデフラグ!頭の中を整理してスペースを作れる

最近はずっと家にいて一人でライティングの仕事をしています。そういう日が続くと色々考えて頭がいっぱいになっちゃうことが多いんですが、自分で自分にアクセスの施術をすると頭がスッキリするので気に入っています。

友達にも効果を実感してくれた人がいたんですよ。転職したばかりの友人なんですが、新しい業務に色々取り組み始め家でも毎日勉強する日々が続くうちに、眠りたいのに眠れないし夜中に何度も目が覚めるようになってしまったそうです。

そういう時にこそアクセス・バーズだよ!!とおススメしてお試し施術したところ、その日の夜からぐっすり眠れるようになったそうです^ ^よかったよかった。

子供の不登校で悩んでいる時も、子供に施術したあと自分も寝る前にちょっとやってから寝たりして、なるべく色々考えすぎないようにしました。それでも悩みがなくなることはありませんでしたが「とにかく学校に行かせねばならない」的思考からは自由でいられたと思います。

どうせ考えるなら自分が生きたい人生のことを考えたい

人生の時間は有限です。毎日何を考えながら生きるかってすごく大事だと思いませんか?

どうせ限られた時間しか考えられないなら、自分や家族が幸せになれる方法を考えていたいです。

自分が生きたい人生を生きるってどういうこと?」っていつも自分に問いかけていたい。つねにこの問いかけを続けて「誰と一緒に誰のためにどんなことをすると自分が幸せなのか?」を考え続け、答えを受け取るることが必要だと思います。

そしてどんな気づきがあってもそれを受け入れられる自分でいたい。つまり「それは私にはできない」「ムリでしょ」と思わずに「そういう方法もあるかもなぁ」「どうやったらできるのかなぁ」って考えられる人でいたいです。

それが自分らしく生きるということであり、 「自分が生きたい人生を生きる」ってことでもあり、 アクセスコンシャスネスが目指す境地だと思うから。

これまで自分が手に入れてきたツールのなかで、手に入れたい未来を言葉にしてくれるのが人生計画書だとしたら、アクセスは無意識の領域に働きかけて自分の人生を行きたい方向に向けるツールかな。

人生計画書で自分の意識の中から言葉を拾い上げる。そしてアクセスで問いかけて無意識の領域の力も人生の目的に向けて使う。

今のところ、これが私の好きな組み合わせです。動画をご紹介しますので、興味のある方はぜひ見てみてくださいね。設定から日本語字幕が選べます。

↓↓↓↓↓↓

近いうちに、アクセス体験会をやろうと思ってます、って去年書いたまま実際には開いていなかったので、2019年10月のうちにやります。

LINE@にご登録いただければお知らせをお送りしますので、ご登録よろしくお願いします。

今日も最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください