本を読んで子どもへのイライラ解消!ストレスコーピングリストに読書を

  • LINEで送る

古本せどりに副業として取り組み始めて約3ヶ月。暇を見つけてはブックオフに通い、本を眺めています。

そうすると「この本読みたいな~」という本にたくさん出会うようになりました。

読書の時間が増えて、私の心はなんだかスッキリ。本を読むとイライラが消えていく感じがします。副業の思わぬ効果です^ ^

ストレスに対応するための「コーピングリスト」にも読書を入れてみませんか?

まだ毎日読み始めて1週間ほどですが、読書の時間が楽しみなんです。

きっかけは気になるタイトルの本に出会ったこと

せどりを始めたときはブックオフで買う本はあくまで商品と思っていましたが、どうしても読みたくなった本があります。

↓こちらの本です。

タイトルを見ただけでドキッとして思わず手にとったんです。

裏表紙には【どの子も親が大好きで、「自分が役に立っているだろうか」「必要とされているだろうか」と考えている】と書いてあります。

もうこれは、不登校だった娘が私に問いかけたことそのものだなぁと。

それですぐに買って帰り、家に着くと上着を脱ぐのもそこそこに読み始めました。

読んでいたのは30分ぐらいだったと思います。内容に惹かれたのはもちろんですが、

夢中になって読書するって爽快!気持ちいい!!

というのが私が感じていた気持ち。娘が学校から帰ってきたところで途中で読書は中止です。

連絡帳を見たりおやつを出したりといつもの家事ルーティンに入ってしまい、もう一度手にとったのはベッドに入ってからでした。

ベッドの中って、一日をちょっと振り返る場所ですよね。

その時しみじみ思ったんです。今日は本が読めてよかったなぁ~って。

本の内容もよかったけど、読書に没頭するってことがすごく気持ちよかったなぁ~と感じました。

読書のあとの爽快感ていいな~

知識も増えて気持ちもスッキリしていいことだらけじゃん!

私めっちゃシアワセ!!読書はイライラを消して幸福感をマシマシにしてくれるんだな~すごいな~

明日も読もう♡

そう思ってハマっちゃったんです。

コーピングリストの最初に読書を入れてみた

幸福感に浸っていてふとコーピングリストを作ろうとしてたんだった!と思い出し「30分本を読む」を最初に入れました。

コーピングリストは「ストレスを感じた時にやることリスト」です

ちなみに私のリストはこんな感じ⇒☆☆☆

イライラを鎮めたり、ぐるぐる回る思考から気持ちをそらしたりと上手な気分転換につながる行動をリストアップしておきます。

イライラきたぁー!

というときはそのリストからやることを選び、心を整えるというわけです。

どんな人もそれぞれのコーピングリストができあがるはず。

自分の心がどんなことを心地よいと感じるのか、日ごろから意識しておくのって大事ですね。

ネットで検索するといろんなコーピングリストが出てきて面白いですよ^ ^

読書のストレス軽減効果は実証されている

ところで読書のストレス軽減効果って本当にあるんでしょうか?

実は本当にあるみたいです!研究で効果が実証されているとの記事がありました

Reading worked best, reducing stress levels by 68 per cent, said cognitive neuropsychologist Dr David Lewis.

認知神経学者Dr David Lewisによれば、本を読むことはストレスを減らすのに最も良い方法であり68%までストレスレベルを下げることができる。

引用:Reading ‘can help reduce stress’

読書をするとスッキリする、というのは研究にも裏付けられた事実なんですね~

こういう記事を読むと、毎日色々やらなくちゃいけないことがある中でちょっと読書の優先順位が上がる気がしませんか?

子どもが不登校の間のストレスって、なんかずっと心の中に貼りついてる感じがしてたんです。

子どもは勉強せずにゲームとか動画ばっかりで自分は仕事に集中できないし、気分転換しようと思っても外出もままならず…

そういう毎日には、手軽で確実にできる気分転換て大事です。

自分がイライラしてると子供にもイライラが伝染するような気がしませんか?

子どもがイライラしても余裕をもって受け止められる親でいたいなぁ~、だからコーピングリストいいな~と思って。

そこに読書を入れるのはおススメです♪

親子関係のしんどさを解決するには時間も労力もかかりますよね。

ちょっとしんどくなったらすぐ自分のケアをしたほうが、短い時間ですぐ立ち直れるし効果も実感しやすいと思うんです。

子どもも自分もイライラせずに毎日楽しく生きられるように、大好きな本を読むわたしです^ ^

  • LINEで送る

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください