エクセル家計簿&レシート撮影アプリ「レシーピ!」で簡単家計管理

  • LINEで送る

実は私、小さい頃からお小遣い帳をつけるのが苦手でした。

その後もざっくり袋分けでほとんどの時期をすごし、時折奮起して家計簿にチャレンジしても続かない。

そんな私でも、これなら続けられる!!と感激し、負担感なくできている方法があるんです。

今日は、笠井 裕予 北端 康良 「お金に強い女になる」で紹介されている、

超簡単なエクセル家計簿の利用法と、さくっとレシート撮影ができるアプリ「レシーピ!」をご紹介します。

見失っていませんか?家計簿をつける目的

かつての私は、「家計簿をつける=良妻賢母の行うこと」的思い込みのもと、

とにかく家計簿をつけていればお金についてきちんと把握して、安心して暮らせると思い、必死に家計簿をつけていました。

お正月の主婦雑誌の付録のノート式の家計簿から始まり、

毎年のように人気の家計簿をチェックしては色々試してきたのですが、

どれもこれも3年以上続いたものはありません。

家計簿をつける目的は何でしょうか。

  • 資産全体の把握
  • 毎月の収支を振り返り、翌月以降の生活に生かす

ことですよね。

でも私の場合、いつの間にか家計簿をつけること自体が目的になり、

つけているから安心、と思うようになっていました。

年末年始など時間があるときには、ふと我に返って「一年の家計を振り返ろう」などと思うのです。

しかしいざデータを前にすると、

何をどのように考えれば家計の見直しになるのか、という最も大切なことがわからず

ざっと収支を確認して終わり。

自分がそこにかけた労力と時間を無駄にしてきました。

ほんとに、もったいないことです。

 

おススメ家計簿アプリ

実は、「お金に強い女になる」を購入する少し前、昨年末あたりに、家計の把握方法を見直さなくちゃな、と思い立ったところでした。

わたしはこの1年ほど、「レシーピ!」(クリックするとストアに飛びます)という家計簿アプリを愛用していました。

このアプリのレシート撮影機能が非常に優秀で、撮影したレシートの金額は、ほぼ間違いなく読み取ってくれるのがとても快適なんです。

毎月の収支をできるだけ簡単に把握するためには、とても使いやすいと思います。

現金の出費についてはすべてこれで撮影し把握してきましたが、以前はお財布がいっぱいになるまでレシートを溜めてしまう人でした。

溜まってしまうと、レシートの撮影というカンタンなことでさえ億劫になってしまいます。

そこで、毎週末必ずレシートをチェックすることにしました。

週末に平日の分を記録して週末の買い物の予定をたて、

日曜日の夜にはまた週末の買い物分を記録、お財布にお金を補充して翌週に備えます。

こんな小さなお金のチェックの習慣ですが、やるのとやらないのとでは、安心感が違います。

必要なものをどこでどうやって買うのがお得か、時間の余裕があるときにちゃんと考えることができますし、

それによって外出の予定を考えたり、外出先でのお買い物やネットスーパーの利用などを

考える事もできるようになりました。

毎週チェックができていると、月末に収支の確認がちゃんとできそうだな、という気持ちになります。

まさにそういうタイミングで出会ったのが、”貯金0でも「お金に強い女」になれる本”だったのです。

超カンタンでシンプルなエクセル家計簿

これまで3回、この本について書いてきました

貯金0でも「お金に強い女」になれる本(←リックするとアマゾンに飛びます)の内容に感激した私は、

163ページで紹介されているエクセル家計簿を自分で作り 

毎月の収支を一覧で把握して、翌月の目標を書けるようになりました!

パチパチパチパチ~!!

これには、自分でもちょっと感激してしまいました。

↓よろしければ、私の作ったエクセル家計簿をお使いください。

エクセル家計簿

家計簿となってはいますが、実際は収支表という1枚のシートにすぎません。

一目見て、項目別の出費が全体にどのくらいの割合を占めているのかがわかります

自分のお金の使い方のバランスがどうなっているのか、簡単に把握できるのです。

本を読んでいただくと、全体としてはどういうバランスが理想的なのかとか、

リバランスのポイントも書かれていますから、

翌月はここを増やしてこっちを減らそう、という計画も簡単にできます。

一応本の中の例に合わせて、大体の費目を書き入れ、項目ごとの合計が出るような関数は入れましたが、

お好きなように改造してご利用ください。

「お金に強い女になる」を購入すると、特典があります。

お金に強い人からお金に弱い人まで、

4パターンの家計簿の改善前と改善後のシートをダウンロードできるのですが

自分でもやってみたい!と思っても、すぐに書き込めるテンプレートはなかったんです。

なので、自分で作って、さらにこの他に毎日の出費を費目別にざっくり書き込むシートも作り、口座やカード別に集計することにしました。

ちなみに、本はこちら↓からご覧いただけます。お金に強くなりたい人には、本当におススメです!!

一目でわかる!ことの価値

一連の作業を通して初めてわかったことがあります。

私には「一覧表で把握する」という方法が向いているということです。

今までの家計簿が続かなかったのは、

ノートのあちこちをめくったり、アプリのページを切り替えたり、

パソコンソフトの画面を切り替えてしまうと、全体を把握することが面倒になってしまったからなのでした。

また、1枚だけを見ればいい、というのは時間がかからないし理解もしやすいので、

家計簿を広げるというハードルがとても低くなります。

最近では、ブログ更新のためPCを利用する時間が多くなったので、

レシーピ!を使わず直接収支表に書き込むようになりました。

色々と試してみることで、自分にはどんなやり方が合っているのか、だんだん見えてきます

実は私はコツコツ作業が好きなので、詳しくつける家計簿にはまったこともあります。

1年分を一覧表に書き込んでいく部分もあって、ちゃんとつけたらすごいデータです(私はつけたものを活用できませんでしたが。。)。

それがこちら↓

この家計簿をつけたことで、費目の分類は自由で、自分の考え方次第で色々な考え方を反映させればいいんだ、と体感できたのはとてもよかったと思います。

ただ、仕事を始めると、もっと手早くつけられるほうがいいなと思ってアプリを利用するようになりました。

また、家族はどんどん変化していきますから、把握したいものも変わっていくでしょう。

そうするとまた違う方法のほうが、自分の知りたいことを把握するのに向いているかもしれないのです。

まずは、これ、いいかも!と思ったことはすぐにやってみるのがいいですね。

そしてぜひ、めんどくさがりな私にもできそうな方法を教えてください(笑)

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

  • LINEで送る

自分の人生計画書を作ってみませんか?

まずは一度、体験してみませんか?詳しい内容はこちらから。

↓↓↓↓↓↓

人生計画書講座のご案内

 

コメントを残す


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください